• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >キャリアローラーの長寿命化、コンベヤベルトに傷を付けません!

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

キャリアローラーの長寿命化、コンベヤベルトに傷を付けません!

お客様のお困り事  AB-28

パイプコンベヤ、シャトルコンベヤに多数のキャリアローラーを使用されているお客様で、長年ローラーの摩耗にお困りでした。
搬送物がローラーに付着しコンベヤベルトとの摩擦で表面が摩耗してしまいました。
段付き摩耗をしたローラーにコンベヤベルトの端部が接触し耳ほつれを引き起こしたり、バリでベルトが縦裂きしたりというトラブルが発生していました。段付きになっているローラーはベルトの蛇行の原因にもなります。

ポイント

① 汎用品のローラー表面には特に耐摩耗対策が取られていない。

② トラブルが発生すると、ラインを停止させ復旧作業を行わなければならない。

③ 縦裂きしたベルトは交換しなければならないケースもある。

④ 搬送物には水分が含まれており、付着しやすい。

蒲田工業からのご提案内容

ロール表面に硬質クロムめっきを施した特注仕様を提案しました。

汎用品と比べ大幅に耐摩耗性が向上しています。
非粘着性も汎用品に比べ向上しており、摩擦係数の低減も図られているので長寿命化が期待できます。
実際に効果があるか検証して頂くため、既存のラインに部分的にテスト導入頂きました。

解決した内容、お客様の声

テスト導入後1年経過したが表面には目立った摩耗が見られません。付着量も幾分少ないように思われます。

ただ、従来の汎用品では先に表面が摩耗し交換してきたため問題にならなかった、ベアリングの損傷が今回発生しました。
せっかく表面の長寿命化が実現できてもベアリングの耐久性が低ければ、ロール全体の長寿命化にはなりません。
現在、本採用に向けてベアリング及び、シール部の耐久性を向上させた仕様を開発しており、近々再度テストして頂く予定です。

蒲田工業がご提供できる価値

蒲田工業はベルトだけでなく、コンベヤシステム全体のプロ集団です。蛇行がなかなか取れず、走行が安定しない。ベルトクリーナーの搔き取り効果に満足がいかない、コンベヤ周辺からの発塵に困っている。
こうした課題をお持ちの方は是非蒲田工業に一度ご相談ください。

営業マンの紹介   京浜営業所  池田 真之助


セメント・採石・印刷・食品・医療と幅広い分野のお客様を担当しております。特にゴムコンベヤベルト及び周辺機器に精通しております。その他にもゴム加工品に樹脂 ホースやサニタリー関連なども得意としております。色々な分野で培った知識でお客様のお困り事を解決いたします。

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト