蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > 表面処理のポイント > ダイクロンFAQ

Surface 表面処理のポイント

表面処理のプロフェッショナル蒲田工業がお届けする専門サイト。技術の選定から、技術詳細情報まで詳しく記載しています。

ダイクロンFAQ

Q. 六価クロムを使用していますか?

ダイクロン処理は電解クロムめっきの一種です。めっき浴に投入される原料には六価クロムを使用しております。但し、専門機関での検査では製品への残留は確認できません。その点に関しての詳しい資料をご用意しております。食品・薬品分野でも安心してお使いいただけます。
○RoHS指令対応  ○食品衛生法(厚生省告示第370号)準拠

Q. 環境負荷はありますか?

【東京都産業技術研究所】指導により100%イオン交換をしています。ISO14000取得工場で使用可能です。

Q. 何で硬いの?

炭素量が多い為です。ダイクロンを100とすると、炭素量は50%にもなります。(※硬質クロムの炭素量は10%以下)

Q. 硬質クロムと比べてどれくらい硬いですか?

HVでは、硬質クロム=800前後  ダイクロン=1000〜1200  耐摩耗性は2〜3倍あります。

Q. クラックが発生しないのは何故ですか?

クラックができないわけではありません。通常、水素が抜けていく道がクラックになりますが、ダイクロンは水素脆性が少なく細かく密着している為、クラックになりにくい特徴があります。

Q. どうして密着性が良いの?

硬質クロムに比べ、一つ一つのめっき粒子が小さい為です。

Q. どんな母材にもめっきできますか?

電解めっきの為、樹脂などの電気を通さないものはできません。また、表面に化学処理しているもの(チッカ、ニッケル、アルマイトなど)もできません。

Q. 厚みはどのくらい?

標準は30μですが、浴中を長くすれば1000μまで可能です。

Q. 表面の仕上がりはどうですか?

受入れの荒さが仕上がりの荒さになるので、ピンホール又は30μを越える傷などはそのまま仕上がりに出てしまいます。受入れ・仕上がり時のバフはサービスでしておりますが、精度が必要な場合は、あらかじめ研磨し整えてください。

Q. 帯電しますか?

帯電しません。ダイクロンは通電する為、表面からアースを取ることが可能です。

Q. 母材の製作から依頼できますか?

承ります。

Q. DLC(ダイヤモンドライクカーボン)と比べて硬度は?

ダイクロンは1000〜1200HVに対し、DLCの硬度は3000〜4000HVくらいです。しかしダイクロンほどの密着性は望めません。

Q. 配管の内径へ処理できますか?

できます。ただ、電極をパイプ内に差し込むので、貫通していないと処理できません。また、外面より難度が高く、ライニングのように均一にはいかないと思われます。

Q. 焼入れされた母材には可能ですか?

可能です。(窒化したものに関しては不可)

Q. 硬質クロムと酸化レベルの違いは?

耐薬品性、耐酸性、耐アルカリ性などは、硬質クロムと同等です。