蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > 表面処理のポイント > フッ素樹脂シート貼り付け

Surface 表面処理のポイント

表面処理のプロフェッショナル蒲田工業がお届けする専門サイト。技術の選定から、技術詳細情報まで詳しく記載しています。

フッ素樹脂シート貼り付け

加工技術の詳細

1)材料の種類  フッ素樹脂単体の延伸粘着シート・ファブリック粘着シート・ガラス繊維・アラミッド繊維・カーボン繊維 の基材(3種類)+フッ素樹脂コート処理*フッ素樹脂コート処理には静電防止タイプもあります。
1)フッ素樹脂コート処理はフッ素樹脂単体やフッ素樹脂チューブと同等で剥離(非粘着)性が非常に優れています。
1)シリコン粘着材付です。どなたにも簡単に貼る事ができきます。

優れた特徴

耐熱性 樹脂系の表面処理の中で連続使用温度180℃と高い耐熱性を発揮します。

滑り性 最も高い滑り性を有し、材料は非粘着性もシリコンに次いで優れています。

耐薬品性 強酸にはほとんど侵されません。但し、接着剤はシリコンのため、接着面に強酸が浸透すると剥がれる場合があります。

注意事項

剥離性・滑り性はありますが、完全な非粘着ではありません。耐摩耗性は劣ります。

ご使用頂いた用途例
剥離(非粘着)性用途 抄紙機のドライヤー・ペーパーロール、ヒートシール機用ヒーター板、ブレーキ材料製造用ロール
滑り性用途 様々な搬送ライン部品・装置、シート製品の方向転換用バー、粉黛(軽量)用シュート・ホッパー
剥離(非粘着)性
耐熱性用途
ヒートシール用ヒーター板
蒲田工業が提供できる素材・加工技術

貼る面積が広い場合や表面の精度が必要な場合は蒲田工業にお任せ下さい、専門の者が現場施工をいたします。