蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > 取扱い商品一覧 > 緊急用シャワーブース

Product 取扱い商品一覧

緊急用シャワーブース、エマージェンシーシャワー【EシャワーⅡ】

緊急用シャワーブースとは、有機溶剤など人体に有害な化学物質を万が一浴びてしまった際に応急措置としていち早くその場で洗い流す装置です。

緊急用シャワーブース

MODEL No. ZK-KSW2

EシャワーⅡの特徴

◎ ANSI規格を満たす大流量を確保。 ◎ 使用時に薬液を含んだ排水を周囲に飛散させない。 ◎ 給排水の接続と、転倒防止の固定をするだけですぐに使用可能。 ◎ 排水配管埋設工事は不要。 ◎ 転倒防止用に床アンカー固定と壁固定の併用で高い安全性 ◎ 半透明樹脂扉を採用し、ブース内使用者の存在が外から確認できる。

使用方法

 1. 扉を閉じてバルブ引き棒を下に引く
 2. 天井面のシャワーヘッドから水が出ます
 3. バルブ引き棒を上に押し戻すと水が止まります
 4. 応急措置後必ず医療機関を受診してください

使用中の様子《動画》

動画:<緊急用シャワーブース【EシャワーⅡ】>

*撮影時は扉を開けたままにしていますが、通常は閉めて使用します。

仕様

※標準で洗眼器が付きます。オプションで無しにもできます。

導入実績

  半導体製造工場(エッチング、レジスト除去工程)
  清涼飲料水製造工場(容器加圧滅菌工程)
  クリーニング工場(有機溶剤使用工程)
  化学工場(混合工程、充填工程)
  製鉄工場(酸洗工程)

事例;「緊急用シャワーブース(安全・洗顔・薬剤洗浄)―薬剤を浴びた時の緊急処置」へ

関連法令

特定化学物質障害予防規則(通称;特化則)

(洗浄設備)
第三十八条 事業者は、第一類物質又は第二類物質を製造し、又は取り扱う作業に労働者を従事させるときは、洗顔、洗身又はうがいの設備、更衣設備及び洗たくのための設備を設けなければならない。

化学物質等排出把握管理促進法

MSDS制度(Material Safty Date Sheet)
MSDS制度とは、事業者による化学物質の適切な管理の改善を促進するため、対象化学物質又はそれを含有する製品を他の事業者に譲渡または提供する際には、その化学物質の性状及び取扱いに関する情報(MSDS:化学物質等安全データシート)を事前に提供することを義務付ける制度です。
取引先の事業者からMSDSの提供を受けることにより、事業者は自らが使用する化学物質について必要な情報を入手し、化学物質の適切な管理に役立てることをねらいとしています。
(経済産業省ホームページより)
このMSDSに取扱い上の注意として、「皮膚に付着した場合は緊急用シャワーを使用して応急措置を行なうこと」と定められている化学物質があります。

ANSI規格(アメリカ規格協会制定)・・・事実上の標準規格

Z358.1
洗眼器は給水圧力0.2Mpa以上、1.5リットル/min以上の流量を確保し、15分以上持続して流水が供給できること 緊急用シャワーは羅災場所から10秒以内に到着できる場所に設置し、トライアングルの引き棒をひくことで、1秒以内に作動しなければならない。15分以上流水が供給できること、給水圧力が0.2Mpa以上、75.7リットル/min以上の流量を確保すること。週に一度の通水テストを実施すること。