蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > 表面処理のポイント > セラミックチップライニング

Surface 表面処理のポイント

表面処理のプロフェッショナル蒲田工業がお届けする専門サイト。技術の選定から、技術詳細情報まで詳しく記載しています。

セラミックチップライニング

加工技術の詳細

セラミックスは、優れた特性(機械的特性、電気的特性、熱的特性など)から大きな期待がよせられ、現在では多くの産業で広く使用されています。しかし、加工方法は金属と異なって曲げることも伸ばすこともできません。セラミックスの唯一の加工方法は、ダイヤモンド工具による方法だけです。その為加工性の難しさから使用を断念するケースがございます。また、セラミックスは型による成型品のため、規格化された製品を使用(応用)することがコストパフォーマンス上必要不可欠です。そこで一般的によく使用されるタイルチップがあります。タイルは、加工性の難しさを克服でき応用範囲も広くお客様の多様なニーズにお応えすることが可能です。現在、タイルの接着方法は、樹脂系接着剤を用いて施工されるケースが一般的です。

*スペースシャトルのタイルの接着は再突入時に表面温度が1000℃以上になっても、接着部は、300℃よりかなり低いので、樹脂系接着剤が使用されています。大きな力、衝撃などにより、タイルが割れてしまったり、剥がれる事がありますが、原因のひとつに施工時のミスが考えられます。

耐摩耗性は非常に優れています。(セラミックス成型品と同等)現場施工が可能です。様々な素材形状に合わせて施工が可能です。

注意点

強い衝撃で割れたり剥がれる可能性があります。使用用途などご相談下さい。

施工例

施工例①遠心分離機レデューサー型ケーシング セラミックライニング


①セラミックに接着剤を均一に塗布する。

②母材にも接着剤を塗布する。

③シートを下から順番に貼り付ける。

④1枚ずつ丁寧に押し付ける。

⑤余分な接着剤は搾り出す。

⑥隙間の無いよう調整する。

⑦テープを剥がす。

⑧完成

施工例②攪拌用パグミル羽根 セラミックライニング


①チップをシートに並べる。

②下地処理(面荒らし、脱脂処理)

③セラミックス側に接着剤を塗る。

④母材側にも接着剤を塗る。

⑤張り合わせる。

⑥セラミックを押し付ける。

⑦はみ出た余分な接着剤を取り除く。

⑧テープを剥がして完成。

その他の施工例


間隔保持板

振動振い(グリズリーバー)

ベンド管

ガス弁

シュート