蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > 表面処理のポイント > ダイモールコーティング

Surface 表面処理のポイント

表面処理のプロフェッショナル蒲田工業がお届けする専門サイト。技術の選定から、技術詳細情報まで詳しく記載しています。

ダイモールコーティング

加工技術の詳細

1)硬質炭化クロムめっきでダイクロンコーティングと全く同じ表面材料になります。
1)硬質炭化クロム処理の密着性や膜厚の高精度、対摩耗性などの特徴を生かし、尚且つ薄膜厚(2~6μm)の処理が可能です。
1)処理温度は60℃以下で素材に歪などの影響はほとんどありません。
1)非金属元素を素材に浸透拡散させコーティング層を電気的に析出させるため、緻密な粒子で製膜します。

優れた特性

薄膜処理が可能で、素材の表面粗度・寸法精度を損ないません。
耐蝕性・滑り性・離型性・防汚性が向上します。
耐摩耗性が非常に向上し、長寿命化に貢献します。

注意点

下地の表面精度の影響を受けます。ご支給の素材表面には注意をお願いします。

ご使用頂いた用途例

樹脂成型用金型及び冶具、ゴム成型用金型及び冶具の防汚性・離型性・滑り性・耐蝕性を向上目的に。

ダイモールのソリューション事例はこちらをご覧ください。

金型の離型性向上に提案いたします