蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > 表面処理のポイント > ブラストロンコーティング

Surface 表面処理のポイント

表面処理のプロフェッショナル蒲田工業がお届けする専門サイト。技術の選定から、技術詳細情報まで詳しく記載しています。

ブラストロンコーティング

加工技術の詳細

1)硬質炭化クロムめっきでダイクロンコーティングと全く同じ表面材料になります。
1)素材のめっき面にブラスト(砂・金属・セラミック等細かい粒子を高速で打付ける)加工を施して凹凸を付け処理をします。

1)対象物との相性によって、表面の粗度(粗さ)を替える事が可能です。ブラストは6種類から選定出来ます。


ブラストロン表面粗さ表(参考値)
#40 #80 #100 #200 #400 DX
Ra 4.0 1.4 1.0 0.45 0.35 0.16
Rmax 25〜30 10.0 6.0 3.8 2.5 1.3
Rz 20.0 9.5 5.2 3.0 2.0 1.0
4.5 1.8 1.2 0.6 0.4 0.2

*上記表中、弊社で出荷管理しておりますのはRMSになります。
それ以外につきましては参考値となります。ご承知おきください。
特に荒いものほど数字は変動しやすくなる傾向があります。

1)通常の電解メッキ処理と同様に鋭角な凸部には厚く被膜ししまう習性を利用して滑らかに処理します。
1)素材を生かして再処理する事も可能です。(素材の再利用)
1)殆どの金属素材に処理加工可能です。*ただし、チタン・超硬金属・窒化処理あるいは、表面処理をしたものは加工不可です。

加工可能サイズφ800x200Lくらいまでです。(細長いものは2500Lまで可能)
*番手DXのみ、φ600×200L(細長いものは1600Lまで) 加工可能重量最大20kgまでです。

優れた特性

滑り性  表面に凹凸を付ける事により対象物との接触面積を減らし、抜群の滑り性を発揮させます。

耐摩耗性 処理材自体は勿論、対象物の摩耗も低減でき、表面粗度の選定により傷も付けにくくします。

素材との密着性 ダイクロンと同様に素材との密着性また耐熱性にも優れています。

此れまでに、ご使用頂いた用途例

滑り性・耐摩耗性用途紙・樹脂等のシート・フィルム製品搬送ラインのテーブル、ターンバー等(特に、滑り性を重視してフッ素樹脂テープを貼付けて対応されているが摩耗でお困りな箇所)
樹脂・紙・金属等容器の搬送ラインのガイド、テーブルなど接触する箇所の部品
樹脂シート成型直後部品等

ブラストロンのソリューション事例はこちらをご覧ください。

製品の歩留まり減少と安定操業に提案いたします
製品を守り、設備品のライニングコストを抑えます』-アルミフィルムの傷防止
注意点

表面形状(粗度)の決定は、対象物や使用条件によって相性が有ります。ご相談ください。場合によっては実際にご使用頂いて、トライアンドエラーで決定して頂く場合も有ります。トライアンドエラーで決定して頂く場合は、再処理をする可能性が有ります。トライは粗度は細かい物からはじめて頂きますと素材の肉厚を保つ方向に成りますので、素材を再利用出来る回数が増やせます。