蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > エンジニアリング部の紹介

Engineering DIV エンジニアリング部の紹介

エンジニアリング部の紹介

エンジニアリング部は蒲田工業の製造・加工部門として富士事業所に拠点をおき活動しています。

エンジニアリング部には
1.ベルトメンテナンス部門
2.アルミフレーム加工部門
3.高分子加工部門
の3部門があり、日々技術の向上を図り、お客様満足度を最大化すべく研鑽を積んでいます。

ベルトメンテナンス部門は、生産設備における装置の駆動ベルトや製品を搬送させる搬送ベルトの2次加工製作、現場での取り付けを行っております。静岡県東部・中部地区では、24時間操業のお客様に24時間体制での対応も行っており「お客様のラインを止めない!」をモットーとして活動しております。また、予知保全コンサルティングの一環としてお客様装置や製造ライン全体の「ベルト点検」も行っております。経験を生かした独自の手法でデータ管理を行い、診断を踏まえた補修、交換提案をさせていただくことで、トラブルを未然に防ぐことが可能です。

アルミフレーム加工部門では、KAMATAクリーンブースの設計・製図、フレーム切断加工、社内組立、現地据え付け工事を一貫して行っております。フレームを在庫し内製加工することで各種カスタマイズ対応を可能にし、社内組立を行うことで現場工期の短縮も実現します。

高分子加工部門では、ベルト2次加工で得た技術を応用し、各種ゴム、スポンジ貼り合わせ加工・貼り付け加工や、ロールへのフッ素樹脂チューブ被覆施工、樹脂チューブ加工などを行っています。お客様からのご要望に切断機や、プレス機などを駆使してお応えします。


エンジニアリング部工場外観:


エンジニアリング部メンバー:


サービス内容

1. ベルトメンテナンス部門


ベルト2次加工製作
駆動ベルト タイミングベルト 平ベルト 皮ベルト(レシコンベルト)
搬送ベルト ウレタンベルト・塩ビベルト・フィンガー加工ベルト・
シリコン加工ベルト・プラスチックファスナー加工ベルト
2次加工品 穴あけ加工・ガイド付け・桟付け・スリット加工
その他 キャッチコロ巻き替え・スポンジ付きベルト
ベルト穴あけ加工


ガイド取付加工

ベルトを安定走行させるために、蛇行防止用ガイドをベルト裏面に取り付けます。
目的はベルト寿命の延長と蛇行調整時間の短縮!



現場取り付け

現場確認→タイプ選定→加工・製作→現場取り付け→調整(蛇行やベルト適正張り)→確認→お引渡
※お客様の製造工程に合わせたスケジューリングを致します。

管理

数々の実績をデータ化しております。お客様別+ライン別に区分けする事により、リピートオーダーの際、確実かつスムーズな対応が可能です。

アフターサービス

お客様のベルト点検ご要望によりお客様の製造ラインに於ける、蒲田工業が取り付け又は販売させて頂いたベルトの定期点検を実施しております。目視による表面状態と接合部分(継手)の確認、専用の張力計による「ゆるみ」の診断をデータ化しご提出することによる予知保全コンサルティングです。

2. アルミフレーム加工部門


KAMATAクリーンブースの組立




3. 高分子加工部門


フッ素樹脂チューブ被覆施工

<フッ素樹脂チューブ被覆する意味>
生産設備に於ける製造ラインの中では様々なロールが使用されております。工程に応じこのロールに、液体や固体の汚れが付着することがあり、 付着物がそのまま製品に悪影響を与えてしまうケースがよくあります。蒲田工業ではこれを解決すべく、そのロールサイズに合ったフッ素樹脂製の熱収縮チューブを用い、工場内で被覆する作業を実施しております。



在庫と設備
スタッフ紹介
関東営業所 ベルト加工部門の紹介
  • ソリューション事例マップ
  • お客様訪問記
  • KAMATA STAFF BLOG
  • 流体事業部の紹介
  • ベルトメンテナンス部門紹介
  • 取扱製品紹介動画
  • ソリューション事例ランキング

自社運営サイト

表面処理ガイド クリーンブース専門サイト 気密検査カプラー専用サイト