蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > 表面処理のポイント > ピークコーティング

Surface 表面処理のポイント

表面処理のプロフェッショナル蒲田工業がお届けする専門サイト。技術の選定から、技術詳細情報まで詳しく記載しています。

ピークコーティング

お勧めの加工技術名 日建塗装工業製 ピークコート(登録商標)
*PEEK(ピーク)はポリエーテル・エーテル・ケトンで、ビクトレックス・エムシー(株)の商品名です。

加工技術の詳細

1)現在使用されている熱可塑性プラスチック材料で最高級の性能を持っている表面処理技術です。
1)ピークコートは唯一、厚膜(300〜1200μm)が出来きます。一般的には100μm程度までです。
1)PEEK樹脂成型品(単体品)と比較して、同等以上の物性があります。

処理加工可能な素材・加工温度処理槽のサイズは1000Wx1000Hx3000Lです。この範囲内での処理になります。 鉄・ステンレス・アルミニウムに加工可能です。 加工温度は430℃前後です、素材は厚さ等によって、多少変形する事もあります。素材のご支給には事前にご相談をお願い致します。

優れた特性

耐熱性 樹脂系の表面処理の中で連続使用温度260℃と最も高い耐熱性を発揮します。

滑り性・耐摩耗性 フッ素樹脂には劣りますが、高い滑り性(摺動性)を有し、他の樹脂系処理に比べ高い耐摩耗性を持っています。

高強度・高硬度 樹脂系処理の中で強度・硬度においても最も高いものです。

耐薬品性 濃塩酸以外の強酸・強アルカリどちらにもほとんど侵されません。

金属イオン溶出防止 ピークコートは特殊な加工技術で厚膜処理やピンホールレス(材料中に微小の穴が無い)を実現し、浸透を抑え金属イオン溶出を防止します。

電気絶縁性 体積抵抗率10Ω・cmと厚膜処理と材料特性によって、非常に高い絶縁性能を有します。また、逆に導電性を必要とする箇所にはピークコートCがあります。

環境特性 ピークコートは、炭素・水素・酸素で形成されていますので、燃焼時の発生物質は二酸化炭素と水のみで、大気を汚染させません。

注意事項

剥離性・滑り性はありますが、非粘着ではありません。価格は少々高めです、どうしても他の表面処理では満足できない箇所にご検討ください。

ご使用頂いた用途例

金属イオン溶出を嫌う製品のタンク・槽・配管ラインの接液部、半導体製品搬送ラインのガイド等部品類、高熱雰囲気中の摺動部其の他、多くの優れた特徴を活かした用途の開発中です。