• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お客様取材記 > 株式会社ビッグハンド 様

Customer お客様取材記

株式会社ビッグハンド 様

日頃からお付き合いのある同業他社様で蒲田工業様のクリーンルームの実績があったため当社でも力になって頂けると思い決定しました。

ビッグハンド様について

ビッグハンド様の会社概要についてお聞かせ下さい。(御社の特徴、特色、現在注力されている取り組みなど)

1991年に設立し、化粧品業界の販売促進ツールに関わる関連会社株式会社アドナックの物流部門としてスタートしました。主に店頭用ディスプレイセット作業、アッセンブリ、配送作業を行っていました。2009年に八潮センターを開設し、2016年に化粧品製造業(一般)許可を取得しました。2018年に草加センターを開設した現在は、業務内容を拡充させ化粧品の装填作業から包装作業、什器へのアッセンブリ作業から配送まで一貫して行っています。
また、託児所を完備して企業内保育に力を入れていることも当社の強みの一つです。
当社の9割以上のスタッフは、女性パートタイマーで、中には子育てをしている方も多くいます。
女性が安心して長く働ける環境を整えたいとの想いで、この取組みを2年前から開始しました。

現在、太田部長はどのようなお仕事をされていますか。

草加センターの責任技術者に従事しています。
また、品質管理部の責任者として工場内で製造している製品の品質に関わる業務と設備管理を行っています。

品質管理部では具体的にどんなことをされていますか。

装填、包装工程の作業を完了した製品が規格書通りに仕上がっているかの確認作業を行います。具体的には、ラベルの貼り付け位置の確認や傷や汚れがないかなどの製品の品質を確認しています。また、製造現場において、ルールに則った作業が行われているかも確認しています。
現場には現場責任者がいますが、実際に現場作業もしているため見落してしまうことのないように責任者として確認作業を行い指導することもあります。今後は、充填作業にも着手して行きたいと考えております。

導入の背景について

草加センターでクリーンルームを計画されていたということですが、経緯についてお聞かせください。

約3年前から化粧品のインバウンドによる影響で、製造工程が追いつかないという事態が発生していました。それまでは八潮センターのみで稼働しておりましたが、更なる生産能力拡大のため2工場目である草加センターの開設を決めました。
また草加センターでは異物混入のリスクを低減する為の対策として2階に構築し、包装工程のみならず、装填作業も行えるスペースも設けたいと考えておりました。

相談から工事背景について

最終的にKAMATAクリーンルームをお選びいただいた決め手は何でしょうか。

日頃からお付き合いのある同業他社様で蒲田工業様のクリーンルームの施工実績があったため当社でも力になって頂けると思い決定しました。
今まで2度クリーンルームを導入し、色々と専門知識を身につけてきました。しかしまだまだ勉強不足な部分が多く、可能であれば施工業者様から様々なご提案を頂きたかったのですが、ご依頼した施工業者様は当社の指示のもと完工するケースが多く、ご提案を頂くことはなかなかできませんでした。
蒲田工業様は他社様での施工実績があることをお聞きしていたため、私たちの相談にも応じ、最適なご提案を頂けるのではないかと思い決めさせていただきました。
もう一つの決め手は、ウェブサイトを拝見したことです。
ウェブサイトを拝見すると、事例が豊富でコンテンツが充実しており写真やイラストがありとても分かりやすく、様々な要望に応えて頂けるといった印象が残っています。

相談はどのようなもので、蒲田工業の提案はいかがでしたか。

今回の目的は、包装作業と装填作業のクリーンルームを建屋の2階に作ることでした。
草加センターの建屋は、クリーンルームの施工前から既に2階が出来上がっていた為それを活かした構造で計画していました。
最初にこちらでお客様とクリーンルームの大まかな平面図を制作しました。それを元に2階への施工が実現可能かどうかも踏まえアドバイスを頂きながら一緒に進めていきたいと考えていました。
また草加センターの屋根は三角形につけられた切妻倉庫であり、その中にクリーンルームを建設しなければならないため、蒲田工業様には天井高をきちんと確保しつつ限られたスペースを最大限に活用し、実際書いた図面に近づけ施工して頂きました。大変感謝しております。

現状と効果について

今回付帯工事から設備設置工事まで一貫施工をさせていただきましたが、導入しての効果はいかがですか。(3つ挙げて頂きたいです。)

1.新しいお客様からお引き合いを頂くことが増えました
2.気密に注力した設計により外部からの虫や埃などの侵入を抑えられるようになりました
3.二段階での空調設備設計により、空調機の負担を軽減し温度管理を実現しました

おかげさまでお客様からは大変高い評価をいただいております。監査では設備に大きな指摘事項もありません。特に導入して間もない頃は多くのお客様が来られ実際に受注に繋がった事例もあります。
また今回は2階に設置した為、夏場の暑さ対策として一次空調機である程度温調した空気を供給して二次空調機で再度温調し室内へ送るといった二段階で行う空調設備をご提案いただき、空調機の負担を軽減しつつ温度管理を実現する事が出来ました。

担当の立野の対応についてはいかがでしょうか。

トラブルに対して大変迅速に対応していただいております。
立野さんの素晴らしい所はトラブルに対し、日程調整の難しい専門の方も必ずご一緒して来られることです。立野さんお一人で現場に来る場合は、こちらと時間を合わせるだけで調整出来ると思いますが、他の方の日程調整を含め来社頂く際には、どうしても期間が空いてしまいます。しかし立野さんにはそれをうまく調整しスピーディーに対応して頂いているので大変助かっています。
また、こちらの要望に対して真撃に対応頂いております。
なかなか難しい要望に対しても最初から否定的な言葉を言わずに、何とかそれに近づけるように努力するその姿勢は、立野さんだけではなく蒲田工業様全体にそういった雰囲気、社風があるのではないかなと仕事をご一緒にして感じました。

今後の展開

蒲田工業への今後のご要望、ご相談したい内容をお聞かせください。

包装工程より装填工程や充填工程の方がより高いレベルの品質を保たなければいけません。今後それに伴った設備や備品なども必要になってきます。可能であれば、また最適なご提案をして頂き一緒に仕事ができると嬉しく思います。

株式会社ビッグハンド様ホームページ

貴重なお話、本当にありがとうございました。