蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > お客様取材記 > 師勝化成株式会社 様

Customer お客様取材記

師勝化成株式会社 様

師勝化成株式会社様と

師勝化成様について

まず師勝化成様の事業概要・お仕事についてお聞かせ下さい。

各種工業用ゴム、スポンジ、プラスチックなど様々な素材を使用した、緩衝材、断熱材、パッキングなどを加工し販売しています。
40%程度は主力である自動車部品、残りは弱電メーカー向け、土木資材、コンシューマー向けの雑貨等です。

ISO 9001、ISO 14001を認証取得しています。

スポンジ加工に強みを持たれているようですが、具体的にどんな加工をされていますか。

一般的に使用されているトムソン打ち抜き加工にオリジナル技術を盛り込むことにより、他社では加工が難しい材質や形状、または寸法精度に厳しい加工を得意としております。

オリジナル技術とはどんな技術でしょうか。

1) 刃に関しては、角度・形状・表面処理に、様々な工夫を凝らし、試作を重ね、独自の刃を製作しています。

2) 打ち抜き機械に関しては、機械メーカーと打ち合わせ、何度も実験を繰り返し検証して、カスタマイズしています。

3) トムソン型の土台は木ではなく、ジュラルミン、アルミなどの硬い物を使っています。
刃が倒れにくく、プレスのスピードも速くなるので、やわらかいスポンジをうまく抜くことができます。 そうしたオリジナル技術によって、一般的に難しいとされているゲルの加工も得意としています。

※ゲルとは、液体的な柔軟性を持ちながら固体のような弾力性を発揮する吸水性高分子素材のことです。


他社でゲル加工というと、細長い帯状に押し出した材料に、付着防止・形状保持用のPETフィルムを貼り、一本刃で決められた長さに切断する程度しかできません。

当社の技術では300㎜×1000㎜の原反をフィルムレスで様々な形状に打ち抜いていくことができます。
普通は断面が変形してしまったり、ゲルが刃に付着してきれいに抜けなかったりしますが、当社の技術では複雑な形状も可能です。

同業他社と差別化されている部分を教えてください。

1.寸法精度
もちろん抜くものによって変わってきますが、例えば、W30㎜×L50㎜の製品では、型精度で0.03㎜、機械公差プラスマイナス0.03㎜以内に加工します。
常に限界に挑戦し続けています。

2.品質
国際規格であるISO 9001とISO 14001を取得し、自動車ティア1メーカーにもご指導いただき、徹底した品質管理を行なっています。

3.難題への挑戦、「できない」と言いません。
難しい課題を頂くと、社内で検討会を開いたり、協力会社と試作を重ねたりしながら、技術開発を行なっています。
結果、新規問合せが増えていますし、今まで取引きの無かった様々な業種でご注文を頂いています。

製造販売以外に、何か取り組んでいる活動がありますか。

日本製造業コマ大戦の企画運営をしていますし、出場チームでもあります。
コマ大戦を通じて、日本のものづくり、そして、社会に貢献したいと願っています!

日本の企業のうち9割が中小企業です。その中で私たち製造業というのは、お客様から図面をもらって形にして販売するという形の会社がほとんどです。
そうした町工場をなんとか盛り上げようという企画から、第1回目の日本製造業コマ大戦が開かれました。当社は第2回目から運営側でバックアップさせて頂き、過去の大会では優勝もしました。

これらのコマは、昔ながらの物でありながら、最先端技術が詰め込まれています。
様々な企業や行政まで巻き込み、子どもからお年寄りまで幅広い年代に、遊びを通じて、ものづくりの素晴らしさを伝えていきたいです。

日本製造業コマ大戦HP: http://www.komataisen.com/

導入背景について

クリーンルームの導入前、どのような課題をお持ちだったのでしょうか。

清浄度クラス10000。
生産環境として求められるレベルと管理や運営のし易さを考えたうえで、クラス10000のクリーンルームを建てることに決まりました。

では、KAMATAクリーンルームをお選びいただいた理由は何でしょうか。

1. 分かりやすい説明と丁寧な対応
情報収集する為に展示会へ行き、蒲田工業を含め、3社に声をかけさせてもらいました。
展示会の後に、蒲田工業に当社に来てもらい、セミナーを開いてもらいました。
社員たちはクリーン環境についての知識が全くない状態での参加でしたが、清浄度の考え方や、クリーンルームの中では何を使って良いのか悪いのか、いろいろ分かりやすく説明していただけました。
セミナー以降も、質問したり相談すると丁寧に回答してもらえましたし、こちらの要望に100%対応してくれました。
私が今、設備関連の手配を統括していますが、今までやってもらった業者の中で一番対応が良いです。

2. 最適な提案
情報収集した会社の中で、蒲田工業が一番、当社のニーズを理解してくれました。
クラス10000で十分なのに、他社は非常に高いクリーン度を提案してきました。
しかもビニールブースを用いている割に非常に高額な見積でした。一方、蒲田工業は私たちが求めているものに対し、コストも含め、最適な提案をしてくれました。
当社も商売をしている会社ですから、初めのフィーリングはとても大事だと考えています。
担当の百済さんの話を聞いて、この人と仕事したい!と思いました。

現状と効果について

導入したことによる効果を3つあげるとすれば、何でしょうか。

1. 温度管理
温度管理を始めたら、製品が反らなくなりました。
両面テープにセパレーター(離型紙)を載せ、加工しますが、今までは、梅雨の時期は特に柔らかくなって反ってしまい加工し難しくなっていました。
クリーンルーム内では、打ち抜く前に行なう、貼り合わせ工程での作業性が格段に良くなりました。
しわ、反りが出ないことに感動しました。

2.掃除しなくて済みます
今までは製品を出荷する前に、ローラーでホコリを取る作業が必要でした。
クリーンルームを導入してから、狙い通り、その作業が不要になりました。設備にもホコリが堆積することがなくなりました。
私は毎朝床に落ちたごみを掃除していますが、機械は掃除しなくて済むようになりました。

3. 見学に来られたお客様から良い評価を頂きました
クリーンルームを建てた後に、某自動車メーカーや、ティア1メーカーが見に来られまして、「うちの製品、ここで加工してくれるの?!」と言われました。
次期ハイブリット車用部品の仕事をぜひこのクリーンルームでやってほしいという話も頂き、早速営業効果が出ています。

今後の展開について

今後、クリーンルームをどのように使われる予定ですか。

1. エコカー向けの部品の生産
ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池自動車など、エコカー向けの部品をこのクリーンルームで生産、提供していきたいです。

2. 来年には、クリーンルームで今の売上を増やします。
クリーンルーム設置に合わせ新しい機械を導入しました。

2台のCCDカメラでワーク状態を認識し、高精度で位置合わせをしながら抜いていくという機械です。フィルムやシートの加工に使われています。
今後、このような高い寸法精度が求められる製品の加工販売を増やしていきたいと思います。

セミナーから工事に至るまでの百済の対応はいかがでしたか。

機械の搬入があった為、納期についてはかなり無理を言いましたが、間に合わせてくれたのは非常に助かりました。
また、当社はISOを取得した工場なので、完成図書は、正式管理書類として1冊、工場にも1冊必要になります。
百済さんは最初から2冊用意してくれました。 こんな細かいところまで気付いてくれたのは本当にありがたかったですね。

工事中に何かトラブルでもありましたか。

機械搬入の開口スペースを確保する為に、図面上で脱着扉を3枚入れていましたが、着工の直前に3枚ではスペースが足りなくなる事が分かりました。
急遽対応してくれて、扉を4枚に増やし開口幅を広げてくれました。
それでも本当にギリギリのクリアランスでしたよ。斜めに搬入しても30㎜ずつしか空いていなかったです。

蒲田工業を使ってみた感想、評価をお聞かせください。

今回気持ちの良い仕事をしていただき、社長も含め社員も本当に感謝しています。

顧客満足】というのを私たちは一番に考えていますが、蒲田工業からそういう気持ちをかなり感じましたね。
百済さんは相談から見積・手配すべてスピーディーに対応してくれました。

また、先ほど話したように、気遣いや、緊急対応力、本当にマイナスポイントが何もなかったです。
施工工事に関しても、今までは、問題がないか・手抜きをしていないかチェックする為に立ち会ってきましたが、 今回の工事は、私が現場に居なくても安心できました。

コスト、品質、納期、すべて満足のいくものでした。

蒲田工業へのご要望などもしありましたら教えてください。

これから蒲田工業と良いパートナーシップを組んでやっていきたいと思っています。
クラス1000に変更する必要が生じれば、是非お願いしたいと思っています。
クリーンルームが完成してから、他のクリーンルームメーカーが数社来て「今度追加導入される時はお願いしますね」と言ってきたのですが、私は浮気するつもりもないです。

また、蒲田工業は各種の表面処理も手掛けられているそうなので、刃物への処理を相談することもあるかと思います。その時にはまた宜しくお願いしますね。

師勝化成様ホームページ

本日は貴重なお話、本当にありがとうございました。