蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > お客様取材記 > シミフレックス株式会社 様

Customer お客様取材記

シミフレックス株式会社 様

クリーン化の要求が高まっているとはいえ、過剰な設備にしたくありませんでした。

シミフレックス株式会社様とは

御社はどんな製品を作られていますか。

味の素川崎工場( 川崎市川崎区 )シミフレックスの主な製品は主に石油化学プラントや半導体の製造装置、また食品・医薬関係の装置の配管に使われている配管材料です。しかも、鉄やステンレスと言った一般的な配管材料ではなく、素材そのものがいわゆるテフロン○Rと呼ばれているフッ素樹脂を使用している配管材料になります。これら配管材料の製作が弊社の仕事になります。

同業他社とは違う特徴(差別化)になる部分は何かありますか?

フッ素樹脂の業界では、チューブ等に成形した材料を輸入品として購入し、自社の金具・継手を付けるだけのやり方が一般的です。
当社の特徴としては、素材そのものは購入していますが、蛇腹加工などの樹脂二次成形から全部自社でやっています。それにより、お客様のご希望サイズや使用条件に合わせた設計・製造を得意としています。また、口金や両端処理なども独自の技術を持っています。

開発部はどのような部署ですか。

味の素川崎工場( 川崎市川崎区 )お客様ニーズへの対応です。要するにお客様からの新商品開発の依頼や問合せがあった場合、お客様の仕様に合わせて、製造技術の開発をし、最適な製品を提供しています。
また、既存商品の性能向上や、製造工程における品質管理、生産性向上にも取り組んでおります。

クリーンブースを必要とする理由・決め手

①半導体・医薬業界などのお客様から製造工程のクリーン化が求められ始めている。
②既存設備を活かしたクリーンブース設置が可能であった。
③十分な清浄度の実現

そもそも、なぜクリーンブースが必要でしたか。

お客様からの要求が高まっているからです。半導体もご存じのように、集積度が上がってきているため、製造装置の部品自体もクリーンな環境で作っていかなければなりません。
私どもの製造しているフッ素樹脂配管材料は、耐薬品性や耐熱性に優れているので、化学関係の製造装置に耐蝕材料として多く採用されていました。しかし、その後現在の主要顧客である半導体業界に使われるようになりました。フッ素樹脂には今お話しした耐薬品性以外に純粋性が高い特長があります。

純粋性というのは・・・

普通の樹脂ですと、柔軟性を持たせるため可塑剤や抗酸化剤を入れていますが、フッ素樹脂は全く含まれていません。また金属などの溶出もありませんので、この特徴を生かして半導体分野に多く採用されています。
注:金属のフレキシブルチューブもありますが、これも金属イオンの溶出があり、純粋性は落ちます。

クリーンブースはどの工程で使われていますか。

味の素川崎工場( 川崎市川崎区 )洗浄工程後の検査・梱包工程でクリーンブースを使用しています。しかし、一部製品に関しては、部品を持ち込む所から組立から梱包まで、つまり一から十まですべてクリーンブース内で製作する場合もあります。

蒲田工業がクリーンブースのメーカーである事を、いつ、どこで知りましたか。

クリーン環境を整えようと検討し始めた頃、蒲田工業が展示会でクリーンブースを出しているのを見ました。その時、富士フイルムさんを始め半導体・食品・医薬業界にも納入実績があると聞き、非常に興味を持ちました。

蒲田工業のクリーンブースの決め手になった所を教えてください。

 ①様々な業種に実績がある。
 ②展示会で実物を見て、クリーンブースでも十分な効果が得られることが分かった。
 ③当社の仕様に合っていた。

断熱パネル式クリーンルームは温湿度に厳しい場所には必要ですが、当社には過剰な設備になってしまいます。KAMATAクリーンブースは機能的にも価格的にも満足できるものでした。検討当初はクリーン度がきちんと出るか心配でしたが、展示会で実物をみて詳しく説明を受け納得しました。

仕様に合っていたとは、具体的どのような事でしょうか。

味の素川崎工場( 川崎市川崎区 )床置き型ファンフィルターユニット(FFU)を持っていたので、このFFUを含め、有るものを出来るだけ使いたいと考えていましたが、それらを利用できるか不安でした。
私たちの要望をきちんと汲み取ってくれて、クリーンブースと既設の設備をうまく活用する提案をしてくれたのが蒲田工業だったのです。

天井はクリーンクロスを貼り、床置き型FFUはそのまま使用し、天井の空調機には高性能フィルターを追加することで、予想している範囲より広い部分まで盛り込んでくれたのです。こうした仕様説明で、必要な清浄度を得られると確信しました。もし得られなかったら出るまでやってもらうつもりでした(笑)
設置後の現在、ISOクラス7(クラス10000)で十分なところ、作業前の点検でクラス5(クラス100)にまで達し、驚いています。

蒲田工業の提案内容は如何でしたか。

クリーンブースの設置に当たり、どのような課題にぶつかりましたか。

1 工場内スペースの問題
クリーンブースの設置により、材料倉庫スペースが狭くなりました。そこで工場の天井が高いことを利用して、中二階を建て倉庫として使えるように提案してくれました。

2 付帯工事の問題
想定外の周辺工事・付帯工事が発生しました。本来なら当社で手配するところ、外壁の整備や電気工事、照明に至るまで全てコーディネートしてもらえたので、面倒な手間が省けて助かりました。
今も、三階も改造して実験室を作ってもらおうと見積り依頼中です。

実際作業している作業員の態度や、現場対応は如何でしたか。

清水様:何よりも気持ち良かったのは、朝は早く来て元気よく挨拶してくれたことです。これは当社社員にも見習わせたいくらいですね。仕事も非常に丁寧でした。

下田様:営業担当の赤羽さんもずっと現場で一緒に工事して、責任感が強いと思いました。他社の営業はたまに来て確認するだけですが、蒲田工業は業者と一緒に工事することにより、現場の対応もよく、まとまりがあって、現場が一体となって取り組んでいる印象を受けました。細かいところですが、工事が終わった後も、きちんと掃除して帰ってくれる、そういう所まで教育されているなと思いました。

クリーンブース設置による、御社のメリットは何ですか。

味の素川崎工場( 川崎市川崎区 )まだ出来たばかりなので、これから宣伝していこうと思っています。

1 同業他社との差別化
この業界でもこれからクリーンブースの設置が普及していくとは思いますが、今は一歩先を走って差別化していきたいと思います。
お客様が見学によく来られるので、クリーンブースを見て、品質管理への評価も今以上に高くなることを期待しています。

2 もっと上を目指す
環境が整ったので、半導体や食品・医薬品関係、またハイテクノロジーの製品など、更なるハイレベルな要求に対応できるようにチャレンジして行きたいです。

3 製造スタッフの意識向上
日々のクリーン度のチェックや管理などが徐々に習慣になり、製品に対する品質向上への意識が高まったと感じています。

シミフレックス様が調達先を選ぶ基準

御社の調達先を選ぶ判断基準はどこにありますか。

1 問題解決能力
2 誠実さ
3 スピード

製品の良さはもちろんのこと、問題に対して適切に提案できるか、解決できるかどうかです。それに加え、やはり誠実さがあることです。しっかりこちらの身になって動いてくれるところが大切です。それに見積りや問題解決の対応スピードが速いかどうかも見ています。

蒲田工業への評価

その基準に沿って、蒲田工業を評価してください。

清水様:見積りの値段も誠実でしたし、工事中の提案内容を聞いても本当にこちらの身になって考えてくれていると感じました。工事の休憩中にも相談したいことがあるからと何回呼び出しても、しっかり対応してくれました。

下田様:スピード感はすごいと感じました。営業担当者が現場監督として立ち合ってくれたので、打合せをしながらスムーズに進めてくれました。
有るものを使いたいという要求に応えてもらえたこと、また対応も早く、仕上がりもキレイだったので次から次へとお願いしてしまいました。

今後の期待

蒲田工業への期待を教えてください。

味の素川崎工場( 川崎市川崎区 )今の姿勢を忘れないでほしいです。まめに動いてくれることや、こちらの身になって対応してくれるところなど、ずっと維持してほしいです。


本日は貴重なお話、本当にありがとうございました。