蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > お客様取材記 > 東京都市大学 様

Customer お客様取材記

東京都市大学 様

東京都市大学様と

東京都市大学様の学部の特徴について

東京都市大学様「工学部医用工学科」の学科の取り組みについてお聞かせください。

工学部医用工学科は、医学と工学と生理学を組み合わせた学科です。
実際に医療現場で使用される電子機器についての専門性の高い知識を修得し研究開発や将来の医療現場を見据え、工学的なことを熟知しサポートできる人材育成に取り組んでいます。
最近では、スマートフォンのカメラで子供や寝たきりのお年寄りをモニターしたり緊急時には知らせてくれたりできる医学的な電子機器の研究開発を行っています。

平田先生はどのような分野を専門的に研究されていますか。

主に3つの分野を研究しています。

1、【バイオセンサ】
血糖値や血液中の成分を検出する部分(センサ)の研究。
2、【プラズマ医療】
大気圧プラズマを用いた創傷・熱傷の治癒、細胞の増殖に関する研究。
3、【ミネラル成分】
ミネラル成分を使って身体機能を向上させるための検査評価の研究。

導入の背景について

クリーンブース導入前、どのような課題をお持ちでしたか。

クリーンブースのない実験室内では、コンタミネーションの影響により清浄度を一定に保つことができないことが一番の課題でした。施工前は、簡易ビニールブースの中に空気清浄機を2台置いて実験を行っていたこともありました。結果、下の隙間やカーテンの開閉により汚染物質が入ってきてしまい一般環境で実験を行っているのとほとんど変わらない状況でした。パーティクルカウンターで計測すると明らかです。正確な検査評価ができず実験が数カ月滞ってしまうこともありました。
2年前、蒲田工業さんでプラズマ医療の研究分野で使用しているクリーンブースを一台収めて頂いたことがあり、信頼を置いていた吉田さんに再度ご相談をしました。

今回はクリーンブースをどのような用途で使用する予定ですか。

ミネラル成分の評価検査の研究を行うために施工して頂きました。
ブース内で細胞を培養させ、なぜミネラル成分が体に良くて身体機能が高まるかといったメカニズムを調べるために体内のたんぱく質や遺伝子を解析します。遺伝子を解析することで、体質の傾向や、疾患のリスクに関する情報を収集することができます。体内に「ある物質」が増えてくれば身体機能が向上しているということが分かっているため、そういった検査評価の研究を行います。

相談から工事背景について

蒲田工業をどのような経緯で知りましたでしょうか。

限られたスペースの実験室内に、部屋の端から端まで無駄なスペースを作らずにクリーンブースを設置したいと考えていたのですが、なかなか要望に応えてもらえる会社様に巡り合うことができずにいました。
ちょうど色々調べていた頃、たまたま大阪に用事で行くことになり、インテックス大阪で開催している展示会へ立ち寄った際に蒲田工業さんを知りました。

KAMATAクリーンブースをお選びいただいた理由は何でしょうか。

1、 大きさや形状を自由に変えられるオーダーメイド設計だということ
2、部屋の内側から板を張る工法のため壁の両端まで作業スペースを確保できるということ
3、スライド式扉やエアシャワーの取り付けなどカスタマイズできるということ

他社では、決まりきった形状のブース施工しか行っていなかったり、形状に合わせて自由設計ができても外側から板張りをする工法でどうしても設置のために人が組み立てるための無駄なスペースが両側にできてしまったりするところがほとんどでした。蒲田工業さんの工法では、内側から板を張ることができるため作業スペースを十分に確保する事が出来ました。壁のぎりぎりまで無駄なスペースを作らずに設計して頂けたことに感謝しております。また、低コストにもかかわらず、耐久性も十分で、非常に頑強な構造で大変満足しています。照明関係やスライド式扉や、エアシャワーの取り付けなどカスタマイズで対応して頂けるということも踏まえ選定しました。

エアーシャワー1台 スポットクーラー2台 取付

現状と効果について

導入しての効果はいかがですか。(3つ挙げて頂きたいです。)

1、ブース内での作業スペースが広く取れるようになった
2、清浄度が良好で、機器に対しての負荷が軽減された
3、清浄度が高いのでコンタミネーションや汚染物質が極力抑えられるようになった

導入前の課題がすべて解決でき、検査が安心してできるようになりました。
また、推奨スペックよりも高いスペックの清浄度が出ることにとても驚きました。
クリーンベンチがあるところはさらに清浄度が良い状態を維持できています。埃がかかって見づらくなることや視野にゴミが入ることがなくなりましたので、メンテナンスが非常にしやすくなりました。
外部から来られる企業様からは、「見栄えがきれいですね」や「壁に無駄な隙間がないことにびっくりしました」とお褒めのお言葉を頂きます。このクリーンブースは「蒲田工業さん」が製作してくれておりますとしっかりと紹介もしています。

実験室用クリーンブース
担当の吉田の対応はいかがでしたか。

打合せをきっちりやっていただけた、その成果だと思います。
隙間がなく、どこの矛盾もない見事な設計は事前打合せに尽きると思います。
正直とても珍しいんですよ。今まで色々なものを導入していますが、設計がこれほどぴったり合うということは珍しいです。過去に他社で事前打合せを何回もしていたのにも関わらず、実際納品して頂くとズレがありました。蒲田工業さんにお願いすると前回も今回もそうなんですけれども、工事中に現場加工は一切ありませんでした。事前打合せをして頂いた吉田さんの対応が良かったからですよ。前回の対応も非常に良くやっていただいたので、今回も蒲田工業さんの吉田さんにお願いすれば間違いなくやってもらえるんではないかなという信頼感があったし、その通りになったので非常に満足しています。

今後の展開

蒲田工業へのご要望がございましたらお聞かせください。

今後空調関係で温湿度を一定に保ちたいという要望がお客様より出てくると思います。
蒲田工業さんに似たような事例があったのでできると思いますが、もう少し詳しく具体的な数値と解決事例を教えて頂きたいです。そういったクリーンブースが必要になって来たときには、またお願いしたいと考えております。

東京都市大学様ホームページ

貴重なお話、本当にありがとうございました。