• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >700℃以上の高温下でも安心して使用できる耐熱ガスケット

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

700℃以上の高温下でも安心して使用できる耐熱ガスケット

お客様のお困り事  AB-35

某研究施設にて高温ガス配管にNBSバルブ(https://www.kamata.co.jp/html/products/products_03.html)をご採用頂きました。流体温度650℃で使用できる耐熱フランジガスケットの製作依頼も頂くことになりました。

ポイント

① 高温用メタルジャケットガスケットは、高い締め付け力を必要とするため使用できない。
② 膨張黒鉛(グラファイト)シートガスケットは高温下では酸化しやすくシール性の低下が懸念される。
③ 膨張黒鉛(グラファイト)シートガスケットは脆く、傷付きやすいので扱いが困難。

蒲田工業からのご提案内容

耐薬品性、耐熱性に優れるサーミキュライト ガスケットを提案しました。 このガスケットは蛭石という天然鉱物を加熱膨張させたバーミキュライトを主原料として製造されています。

※バーミキュライトは多孔質で非常に軽く、保水性や通気性に優れるという特徴があるため、農業用に土壌改良や種蒔き用に使われる他、建築資材や使い捨てカイロに原料に使われるなど健康面においても安心、安全な材料です。 耐薬品性、耐熱性にも優れており、ガスケット、ジョイントシート、グランドパッキンといったシール材に加工され使用されます。
採掘される産地によっては、石綿(アスベスト)の鉱脈に近く、原石に毒性の高い石綿が含まれるという問題があります。サーミキュライト ガスケットに使用されているバーミキュライトは近くに石綿鉱脈がない場所で採掘された原石のみを使用しています。また、定期的に専門機関においてアスベストが含有されていないか検査を行っています。

ポイント

① サーミキュライト ガスケットの耐熱性は982℃(1800℉)、ただしコアー無しシートタイプは454℃までとなります。
② サーミキュライト ガスケットは高温でも酸化せず、高いシール性を保ちます。
③ 多種多様なフープ材(SUS304/316他)との組み合わせができます。

解決した内容、お客様の声

グラファイト製に比べはるかに扱いが容易でした。
耐熱性、酸化に対しての懸念も化学プラントなどでの多くの採用実績があることから払拭することができました。

蒲田工業がご提供できる価値

蒲田工業では、ガスケット、グランドパッキン、オイルシール、Oリングといった各種シール材の製作、販売を行っています。流体や使用環境に合わせもっとも適した材質、形状を選定いたします。近年この分野においてはアスベストやセラミックファイバーに対する使用規制が進み、代替品への更新が必要な場面が多くあります。
選定にお困りの際はぜひ蒲田工業にご相談ください。

営業マンの紹介   相模原営業所  池田 真之助

セメント・採石・印刷・食品・医療と幅広い分野のお客様を担当しております。特にゴムコンベヤベルト及び周辺機器に精通しております。その他にもゴム加工品に樹脂 ホースやサニタリー関連なども得意としております。色々な分野で培った知識でお客様のお困り事を解決いたします。

この事例に関連する他の事例の紹介

高炉への微粉炭吹き込みノズルのセラミック化による寿命延長
 [お客様の困りごと共通キーワード:耐熱・長寿命化
破損した特殊ガスケットを特急製作、交換工事まで行い、生産ラインの早期復旧に貢献
 [お客様の困りごと共通キーワード:製作依頼
薬液の安全保管に密閉性の良いKAMATAアルミフレーム保管庫

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ