蒲田工業株式会社蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

Kamata Industry Co.,ltd.

営業スタッフのブログ
蒲田工業株式会社 ブログイメージ
営業スタッフのブログ 「私たちにお任せ下さい!」
営業スタッフのブログ
ホーム > 現場レポート

大阪営業所新所長 谷中照和 紹介-〈インタビュー動画〉

DATE2022.5. 9 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

大阪営業所所長に就任した谷中さんのインタビューをしました。

大阪営業所新所長 谷中照和

「所員の個性を求め、安心感が与えられる所長になりたいです」

※動画の再生と同時に音楽が流れ始めますので、ご注意ください。



〈谷中所長プロフィール〉
■入社年:2002年3月18日
■最初に配属された営業所:京浜営業所
■血液型:A型
■星座:うお座
■趣味:旅行、スポーツ観戦
■好きな食べ物:
ハンバーグ(毎月1日はハンバーグの日奥さんの定番料理^m^)
■休日の過ごし方:お寺巡り、読書
■最近見たテレビ・映画、感銘を受けた本を1つ教えてください。
「学びを結果に変えるアウトプット大全」 著者:樺沢紫苑


蒲田工業社員に谷中所長の印象を聞いたところ、
「人当たりが良く、誰とでも直ぐに打ち解けられる人柄ですので、お客様からも信用されている感じです」
「人の懐に入るのがうまく、憎めないキャラクターだと思います。」
「気さくでノリがよく、積極的にコミュニケーションを取ってくれる人」
「後輩への面倒見が良く。コミュニケーション能力が高いです。甘え上手で憎めないキャラの持ち主!!」
等々、良い意見が集まりました。(^^♪


2018年に大阪営業所が開設されました。谷中さんは二代目の所長になります。今後のご活躍を心より応援しております。

過去の取材記事はこちらから https://www.kamata.co.jp/html/blog_eigyo/2014/03/post-196.html

「ワンタッチカプラー(蒲田工業オリジナル製品)ポイント解説」

DATE2022.3.18 CATEGORY現場レポート

mitsuyuki.jpg 営業推進室の満行です。

今回のブログでは、蒲田工業のオリジナル製品であるワンタッチカプラーのポイントをご紹介いたします。

ねじ込み作業時間の「長さ・手間」などのお困りごとを解決できる蒲田工業のワンタッチカプラーは、当初、自動車製造業界にて多くの実績を積み重ねました。その経験により培った「効率化に役立つ多くのノウハウ」を活かし、他業界にもワンタッチカプラーを納入しています。

〈実績(業界)のご紹介〉

ワンタッチカプラー(気密検査)実績業界の紹介

現在も、「効率化に役立つ多くのノウハウ」「納入製品の全数チェックを徹底した高品質」を強みに、様々なお客様からご相談を頂いております。


---------------

◎ 生産・検査工程におけるこのようなお困りごとを解決しています

ワンタッチカプラー(気密検査)でのお客様の抱えている課題

☑ 手作業でのねじ込みを時間短縮し生産性を向上させたい
☑ 検査作業員にかかる仕事の負荷を軽減させたい
☑ 人為的ミス(ヒューマンエラー)による誤接続を防止したい
☑ 検査後のシールテープなどの異物混入対策を行いたい
☑ 省スペースのところにカプラーを使用したい
☑ 重量物の移動の作業時間を短縮させたい

ワンタッチカプラー(気密検査)で蒲田工業ができる課題解決

ワンタッチカプラー(気密検査)製品で確実な検査・安心作業をご提供

ワンタッチカプラー(気密検査)製品の特徴の紹介

1.ワンタッチ簡易着脱・工具不要
2.検査方法に適したシール方法
3.自動ロボット対応
4.お客様の形状に合わせたオリジナル設計製作
5.小ロット生産にも対応


このように、ワンタッチカプラー(気密検査カプラー・当社オリジナル製品)は、様々な業界でのお困りごと解決に貢献しています。

ワンタッチカプラーの特徴をもう少し詳しく解説します。


---------------

◎ 高気密なワンタッチジョイントで液だれ防止

ワーク形状に合わせたオリジナル検査カプラーを設計製作しているため、お客様のワークを使用したまま弊社のカプラーと組み合わせることが可能です。構造がシンプルなのに簡単にワンタッチ接続し、高い気密性を保持できます。さらにメンテナンス性も優れている特徴があります。

ワンタッチカプラー(気密検査)ワンタッチおねじジョイントFC型

【事例紹介】
⏩ 
通水テストを効率化、ワンタッチおねじジョイントで課題解決!


◎ ポカヨケ機能付きワンタッチカプラーでヒューマンエラーの課題解決

当社のワンタッチジョイントは指し間違いを防止する構造で確実に接続できるようにオリジナル設計しています。 トランスミッション1個に対して4箇所の検査作業を手作業で行っていたので今まで90秒かかっていた作業を20秒に短縮できたことで大幅なタクトタイム短縮が実現し生産性が向上しました。

ワンタッチカプラー(気密検査)ワンタッチめねじジョイントFD型

【事例紹介】
⏩ 
エアリークテストのタクトタイム短縮!ワンタッチジョイントで課題解決


◎ ご使用・操作方法などをわかりやすく解説しているのでいつでも確認できます。

ワンタッチカプラー(気密検査)製品のYoutubeポイント解説


製品についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
お待ちしております。m(__)m

アルコール検知器を導入しました

DATE2022.2.22 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

道路交通法施行規則の一部改正により、2022年10月1日から下記の2点が求められます。
1,運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと
2,アルコール検知器を常時有効に保持すること

アルコール検知器
※2022年4月1日からは運転前後の運転手の状態を目視等で確認


今回の法改正に先立ち、関東営業所にアルコール検知器を導入し、所員の酒気帯びの有無の確認を行っています。

▼アルコール検知器
アルコール検知器

〈使用方法〉
検知器の上部を開く
カウントダウン(15→0秒)
4~5秒間息を吹きかける
1Lの呼気に含まれるアルコール成分を計測
アルコール検知器 アルコール検知器

今年の早い段階には、蒲田工業全営業所に導入予定です。

アルコール検知器の導入をきっかけに、安全運転にも今まで以上に気を配ってまいります。
アルコール検知器

京浜営業所新所長 小松賢臣 紹介-〈インタビュー動画〉

DATE2022.2.15 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

昨年10月に京浜営業所所長に就任した小松さんのインタビューをしました。

京浜営業所新所長 小松賢臣

「いつでも相談を投げかけてもらえる所長になりたい」



〈小松所長プロフィール〉
・入社年:1995年
・最初に配属された営業所:旧京浜島 本社 システム開発課
・血液型:B型
・星座:てんびん座
・趣味:プラモデル作り
・好きな食べ物:ラーメン
・休日の過ごし方:買い物と犬の散歩
・感銘を受けた本:嫌われる勇気

蒲田工業社員に小松所長の印象を聞いたところ、「人当たりが良い」、「周囲に気を配る所長」、「所員と同じ目線で立って考えられる」、「頼み事、相談、連絡したときの返信が早い」等々、良い意見が集まりました。(^^♪

多くのお問い合せが寄せられる「圧力分布測定システム(タクタイル)」の担当としても活躍している小松所長は、営業担当としてもお客様から高評価を得ています。 汎用圧力分布プレリアi

数年前に、私が小松所長を取材した時にも、丁寧にわかりやすく話してくれました。(^^♪
過去の取材記事はこちらから
https://www.kamata.co.jp/html/blog_eigyo/2015/01/post-231.html


ハイエース用荷台棚を製作しました(荷室スペースの有効活用)

DATE2021.11.30 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

アルミフレームの活用事例をご紹介します。

アルミフレーム

アルミフレーム

ハイエースの荷室スペースにアルミフレームを使用して荷台棚を製作しました。

車の荷室の棚は、木または鉄での製作が一般的だと思います。ただ、木製の場合には、ビス止めが必要(取り外しできない)だったり、鉄製の場合には、重量と溶接が要因で製作が大変です。

カスタマイズしやすいアルミフレームを使うとこんなメリットがあります。
① 組立・設置が簡単
② 軽量なのに強度が十分
③ カスタマイズの自由度が高い
④ 棚板、フレームの交換が簡単
⑤ アンカー固定され、急ブレーキや大きな揺れの時にも安心

アルミフレーム

アルミフレーム

普段は、クリーンブースやマシンカバーなどに使用されることが多いアルミフレームですが、カスタマイズ自由度が高い特長を活かして、今回のような活用も可能です。

※車種、車の大きさ、使う目的に合わせての製作が可能
※ハイエース、ノア、セレナの荷台棚を製作した実績があります

車の荷室スペースを有効活用したい方はお気軽にお問い合わせください。

KAMATAオリジナルアルミフレームはこちらから
KAMATAクリーンブースはこちらから

YouTubeチャンネル運営での私たちの取り組み、使用機材をご紹介

DATE2021.8.30 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

4月にYouTubeチャンネル「クリーンルームポイント解説」を公開しました。
今回は、YouTubeチャンネル運営での私たちの取り組み、使用機材などをご紹介したいと思います。

〈弊社のYouTubeチャンネル〉※画像をクリックするとチャンネルに飛びます。 youtube撮影

公開から約4ヶ月で、動画を7本公開しました。
企画、台本づくり、撮影、編集から公開までの作業を営業推進室が担当しています。

これまで、製品紹介を目的にYouTubeを利用することはありましたが、 チャンネルの運営は初めての試み。
本当に色々と試行錯誤しています・・・


◎機材選び

何から始めればいいのか?
初めてYouTubeチャンネルの活用を検討されている方は、きっと迷っていると思います。
機材がないとスタートできないので、まずは機材選びからです。

インターネットで必要な機材を検索すると、たくさんの情報が出てきます。
私たちはミラーレスカメラ、撮影ライト、三脚、外付けマイクを購入しました。
(撮影ライト、三脚は一般的なもの、マイクはケーブルが長いものにしました)

youtube撮影

問題になったのはカメラ選びでした(;^ω^)。

動画撮影に必要なスペック、使い心地など、迷子になりまして、挫折もありました。コンサルタントの先生に色々と相談させていただきました。

最後、主に下記の条件でお気に入りのカメラを3台選び出しました。
・撮像素子:フルサイズ
・動画記録画素数:フルHD以上


◎カメラレンタル

カメラは高価なものなので、簡単に買い替えできません。でも、触ってみないと分からないです (;^ω^)。
上司に相談してみたら、カメラレンタルというサービスを紹介してもらいました。
それで、レンタルサービス3社から3台のカメラを借りました。
画質、性能、サイズ、使い心地などを比べて、最終的にsony α7cに決めました。

youtube撮影



◎撮影での注意点

写真や動画の撮影には全くの素人です。偉そうにああだこうだと言える立場ではありません。
普段の撮影で特に心がけていたのは照明(明るくする)とマイク(外付けマイクを使う)でした。

youtube撮影

youtube撮影

また、基本的なことですが、下記のことも気を付けています。
・静かな環境の中で撮影を行う
・三脚を使う
・影が作られないよう撮影ライトを置く
・カメラに余計なものを写らないよう
・カメラ目線
・撮影した動画はPCで確認する

youtube撮影

また、カメラの設定は撮影環境によってそれぞれ違うと思います。
私たちは色合いができるだけ明るくするように設定しています。

youtube撮影


◎動画編集

動画撮影ソフトはAdobe Premiere Proを使っています。
優れた豊富な機能を備えた有名な動画編集ソフトです。
動画を編集しながら勉強しています。

youtube撮影


以上のように、弊社は自社で動画撮影を行って自社で動画を編集して、「クリーンルームポイント解説」というYouTubeチャンネルを運営しております。
プロの方に動画を撮影・編集してもらうと仕上がりに差があります。でも、まずは内容をお客様に分かりやすく伝えることから頑張っております。応援をよろしくお願いいたします。

是非チャンネル登録をお願い致します。※画像をクリックするとチャンネルに飛びます。
↓ ↓
youtube撮影


2021年新人インタビュー

DATE2021.8. 6 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

今年の4月に入社した3名の社員をご紹介いたします。
▼4月入社式時の写真
2021年新人インタビュー


佐藤 大悟(Sato Daigo)
2021年新人インタビュー
※佐藤さんは10月からクリーン事業部に配属される予定です。

〈入社の決め手〉
A:蒲田工業の「お客様のお困り事を解決し改善していく」というビジネスモデルに魅力を感じました。やりがいがある仕事なので、自分の成長にも繋がると思いました。

〈研修内容〉
A:研修期間中はエンジニアリング部に所属しています。工場でアルミフレームを組み立てたり、ベルト検品したり、施工現場に行って手伝いをしたりしています。また、挨拶をしっかり行うことを学びました。

〈今後の意気込み〉
A:今はまだ新人として言われたことを一生懸命やることに尽力しています。今後、お客様のお困り事を解決できるような一人前の営業マンになります。

______________

坂本 陸 (Sakamoto Riku)
2021年新人インタビュー
※坂本さんは10月から富士営業所に配属される予定です。

〈入社の決め手〉
A:製品を売るだけではなく、お客様のお困り事を解決するために自分で考えて提案できることに魅力を感じました。また、面接してくださった方々の人柄の良さに惹かれ入社したいと思ってエントリーしました。

〈研修内容〉
A:自社のクリーンブースやその骨組みとして使われるアルミフレームについて学んでいます。工場見学や講習などを受けて充実した研修生活を送っています。

〈今後の意気込み〉
A:色々な現場や研修を受けてたくさんの知識を得て、もっと自社のことを知りたいです。 また、貪欲にたくさんの知識を付けて、今後の営業活動に生かせるように頑張ります。

______________

三上 航 (Mikami Wataru)
2021年新人インタビュー
※三上さんは10月から関東営業所に配属される予定です。

〈入社の決め手〉
A:お客様のお困り事を解決していくという所にとても魅力を感じました。
また、蒲田社長は仕事の報酬が「自分自身の成長」と仰っていました。蒲田工業では自分が成長できると思いました。

〈研修内容〉
A:社会人としての言葉づかいや礼儀を学んでいます。また、アルミフレームの加工、クリーンブースの仮組、製図等を学んでいる最中です。
まだまだ分からないことばかりですが、研修を通してしっかりと基礎を身に付けていきます。

〈今後の意気込み〉
A:これから営業に出るときに恥ずかしくないように今は積極的に学んでいます。自分で考え行動していきたいです。


研修の様子
2021年新人インタビュー 2021年新人インタビュー

2021年新人インタビュー 2021年新人インタビュー

2021年新人インタビュー 2021年新人インタビュー

2021年新人インタビュー 2021年新人インタビュー


感想
私が新人として社会に出た1年目のことを思い出しながら感想を書いています。

あの時は不安がありつつワクワクした日々を過ごしていました。間違ってもいろんなことが聞けたし、周りの方々に丁寧に教えていただいたので、本当にたくさん勉強になりました。あの時に学んだことが私の仕事の土台になっています。

佐藤さん、坂本さん、三上さんを見て、いつも思っているのは仲間が居て本当に良いことですね。3人の仲の良さがとっても伝わってきます(^^♪。10月からそれぞれ配属先に行かれるので、一緒に居られる時間を大切にしてください。
頑張ってください。(^^)/


熱中症対策ブースのご紹介

DATE2021.5.25 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

厚生労働省より、全国の事業者へ向けて熱中症による災害防止策として、「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」が掲げられており、その中で下記の実施事項が掲載されています:
WBGT基準値を超えるおそれのある場所において作業を行うことが予定されている場合には、簡易な屋根の設置、通風又は冷房設備の設置、ミストシャワー等による散水設備の設置を検討する。
STOP!熱中症クールワークキャンペーンの詳細はこちら

そのため、今回は弊社製品の【熱中症対策ブース】についてご紹介します。
工場における作業環境の改善にお役に立てれば幸いです。

熱中症対策ブースとは
必要な場所を局所的に囲い、冷房設備を設置して快適な空間を作るブースのことです。 簡易的な休憩場所としてもご利用いただけます。

熱中症対策ブース

熱中症対策ブースを設置して作業員の安全・健康を守りませんか。

実際の導入効果:
普段35℃~40℃の作業エリアで熱中症対策ブースを設置しました。
設置したブース内の温度は26℃程度です。

熱中症対策ブース

KAMATA熱中症対策ブースの特徴
狭所でも設備を避けて設置可能。完全オーダーメイドで自由自在に設計可能。

▼ 作業エリアを局所的にブースで囲う
熱中症対策ブース

▼ ビニールブースを休憩場所に設置
熱中症対策ブース

▼ 断熱パネルを利用して気密性を向上
熱中症対策ブース

各製品の特徴と注意事項
1)ビニールカーテン+アルミフレーム:
コスト面は最も安いです。
2)樹脂板+アルミフレーム:
安全性・気密性・美観性に優れます。
3)断熱パネル:
冷房効果は最も優れています。
※洗浄作業を行う場合は、アルミフレームよりステンレスフレームが適します。
※断熱パネル以外で行う場合は結露の懸念があります。

私たち、クリーンルーム・クリーンブースを数多く手掛けてきた蒲田工業は
大手飲料メーカー様、大手食品メーカー様、大手ダンボールメーカー様などに数十台の熱中症対策ブースの事例を積み重ねて参りました。

豊富な実績がある為、狭い現場で機械や配管などの干渉物を避けたきれいな作りでお客様から好評をいただいております。

工場における作業環境の改善のため、「熱中症対策ブース」を設置しませんか?
製品紹介PDFはこちらからダウンロードください

お気軽にお問い合わせください。


【新商品紹介】セーフティクリーンパーティション

DATE2021.4.22 CATEGORY現場レポート

営業推進室の周です。

薄型パーテーションタイプの空気清浄機
セーフティクリーンパーティション」をご紹介します。

〈製品写真〉
セーフティクリーンパーティション

〈設置例〉
セーフティクリーンパーティション

特徴
1、吸引風速が強力(現行機種の5倍)
2、さらに、運転モードを「弱」、「強」、「急速」3 段階に設定可能
3、顔・口元の高さに合わせて吸込み口を設置
4、高性能HEPAフィルター搭載


________________


富士営業所にメーカーのご担当者様が来社され、製品デモンストレーションをしてくださいました。

〈設置例〉
セーフティクリーンパーティション

インテリアにもマッチする高いデザイン性に加えてカラーバリエーション(2色)あるそうです。

それから、操作パネルがシンプルで、お客様からの評価が高いそうです。

〈カラーバリエーション〉
セーフティクリーンパーティション

〈操作パネル〉
セーフティクリーンパーティション


※寸法図のダウンロードはこちら


________________


水蒸気発生器を使用して、実際の気流の動きを確認しました。




吸込みパワーが強力なのがよくわかりました!

蒲田工業では、薄型パーテーションタイプの空気清浄機「セーフティクリーンパーティション」を扱っております。​
ウイズコロナ・アフターコロナ対策に、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
なお、6月1日から出展する愛知スカイエキスポのFOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展)に実機も展示いたします。


飛沫感染対策にフェイスシールドを導入しました

DATE2020.9.11 CATEGORY現場レポート

みなさんこんにちは!エンジニアリング部研修中の山下です!!

新型コロナウイルスによる最初の緊急事態宣言から早くも半年が経とうとしております。 未だ新規の感染者数は増加し続けており厚生労働省によると、検査陽性者は累計で73,058人まで増加しているようです。(参考 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年9月10日版))

このような状況下で、弊社社員の安全確保、それからお客様への安心感をお届けするために、様々な対策を続けています。 そして先日、新たにフェイスシールドを導入しました。
この対策によって、感染拡大防止に今まで以上に取り組みたいと考えております。

弊社で導入したフェイスシールドはヘルメットに着用するタイプのもので、主に工事の際に使用しております。

ヘルメット2.jpg
ヘルメットに装着したフェイスシールド

フェイスシールド2.jpg
着用イメージ

工事現場ではマスク着用の励行等、感染症対策の徹底に努めていますが、マスクを着用すると体内に熱がこもりやすく熱中症のリスクが高まります。
フェイスシールドを着用することでマスクを着用している時よりも通気性が改善されかつ、飛沫感染対策に効果的です。
また、工事現場によってはフェイスシールドが使用できない場合もあるので、必ずお客様に確認を取ってから使用しております。

これからもお客様のお力添えになれるようになれるように様々な取り組みを行っていきます。 みなさまもお体には気を付けてください。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  次の10件 

カテゴリ一覧 カテゴリ一覧

月別記事一覧 月別記事一覧

最新記事一覧 最新記事一覧