• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >収納式射出成型機用クリーンブース

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

収納式射出成型機用クリーンブース

お客様のお困り事  KE-32

医療機器を製造されているお客様における樹脂成型工程クリーン化事例です。
射出成型で製造される製品に異物が付着してしまう可能性があり、対策を必要とされていましたが、単純に成形機全体を囲うだけでは様々な問題が発生してしまうとお悩みでした。

問題点

① 成型機を固定式ブースで囲ってしまうと、金型交換や製品取り出しの作業性が悪化してしまう。

② 製品によってはクリーン化する必要がない。

③ 成形機には製品取り出しアームが付属しており、アーム部を含めると機高が5m近くある。

④ 複数台運用している成形機でブースを共用したい。

蒲田工業からのご提案内容

射出成型機の形状に合わせたジャバラ式クリーンブースを提案しました。
金型交換時にはジャバラをたたみ、開放することで作業性の悪化を防ぐことができます。他の成形機でも使用できるようにキャスターも取付け移動可能な仕様にしました。
通常ブース天井に設置するFFU(ファン・フィルター・ユニット)は自立・キャスター付の床置きタイプを採用し、こちらもブース本体にあわせて移動できるようにしました。


※密閉度が十分な環境においては、天井からの吹き出しでなくても、適切な風量、風速を確保し、空気の流れを制御すれば、一定程度のクリーン環境を構築することは十分に可能です。

▼ 全体イメージ

solution_100_23.jpg

ポイント

① 射出機の形状、サイズに合わせた専用設計。

② ブース本体はジャバラ構造とし、金型交換時やメンテナンス、移動時にはコンパクトにできる。保管スペースも最小化。

② 自立・キャスター付で移動可能なFFU(HEPAフィルター内蔵)。

③ 移動して他の成形機でも使用可能。

▼ 床置きタイプFFU

solution_100_24.jpg

解決した内容、お客様の声

射出成型工程におけるクリーン化には、部屋全体をクリーンルームにする、成形機を丸ごとブースで囲うなどの方法がありますが、いずれもコスト、作業性の面で難しい点があります。
今回必要とされた清浄度などの条件から、この移動可能で、収納もできるジャバラ式クリーンブースが最もお客様のご要望にお応えできると考えました。

お客様の声:
射出成型機をクリーン化するというとまるごと囲わなければならないと思っていたが作業性の悪化や設置スペース、予算の点で難しいと感じていた。
しかし品質への要求が高まり異物対策をしなければならない状況に追い込まれていた中、必要能力をしっかりと発揮しながらも簡易的しかも手頃な価格で提供してもらえた。また短納期で対応してくれたことも本当に感謝している。

蒲田工業がご提供できる価値

100~450tクラスの射出成型機であれば本仕様で対応可能です。複数台の成形機を運用されているお客様で、製品によって必要とされるクリーン環境が異なる場合には最適です。
成形機の仕様によっては門型移動式クリーンブースというソリューションもございます。

https://www.kamata.co.jp/html/solution/case/id-01160.html
solution_100_25.jpg

営業マンの紹介    クリーン事業部  国信 光一

KE-kuninobu.jpg高い知識と迅速丁寧な対応でお客様のご要望に対して何通りものゴールを示す提案力が持ち味です。見積り段階や仕様検討の段階で、お客様が完成後をイメージしやすい資料を作成し、安心感、信頼感を得ているクリーン環境構築のスペシャリストです。 特に、半導体・製薬業界での施工経験が豊富です。

この事例に関連する他の事例の紹介

移動式射出成形機用クリーンブース
 [共通キーワード:移動式
樹脂切削加工に精密温度管理を導入、不良発生率大幅削減!
 [共通キーワード:樹脂加工
防爆エリアに局排機能付きクリーンブース
[同業種事例]
クリーンルームの特徴と解説
[KAMATAクリーン環境構築]

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト