特定建設業 管工事(特-30)第94313号
特定建設業 機械器具設置工事業 (特-28) 第94313号

ビニール式から改善!
塗装工程の異物付着防止に
[樹脂加工]

ビニール式から改善!
塗装工程の異物付着防止に[樹脂加工]

使用製品 設置場所の環境
  • KAMATAアルミフレーム
  • FFU(ファンフィルターユニット) 5台
  • 両開き、片開きサッシ扉
  • 蛍光灯
  • 樹脂加工品への塗装工程
  • ビニール式の簡易クリーンブース
  • ゴミやホコリの付着が問題発生
  • 床のレベルが均一ではない

目的

樹脂加工品の塗装工程において異物混入を防止したい。

  • コーティング時に周囲のゴミ・ホコリ等が付着して不良品となってしまう。
  • 作業環境の改善で、大幅な不良削減が可能であると判断。

仕様・施工

コーティングブース・部品の供給装置全体をアルミフレーム式クリーンルームとして囲い、クリーン化。
  1. これまでの異物付着の状況から、清浄度クラス1000の環境をご要望。
  2. 気密性の高いアルミフレームを使用したクリーンブースに、ファンフィルターユニットを5台導入し、クリーン環境を構築。
  3. 天井面に、塗装機用の開口を設ける。作業者と製品搬入用の出入り口には、両開きサッシ扉を2箇所設置。
  4. 床のレベルが均一ではなかったため、調整材を用いてレベル出しを行なった。

クリーンブースサイズ:4000×5000×H2300 クラス1000
工期:アルミフレーム式クリーンブース組立~清浄度測定  2日間

仕様・施工
仕様・施工

今回のポイントは・・・

樹脂成形・加工における異物付着は歩留まりの低下を招くだけでなく、クレーム発生の要因になります。当ケースの工場では、ビニール製の簡易クリーンブースを使用されていましたが、周囲環境のごみやホコリ付着が問題になっていました。
気密性の高いKAMATAアルミフレームを用いたクリーンブースにより、クラス1000の高い清浄度クラスを実現できました。設置後は、異物付着の問題は発生していないようです。

設置場所の床のレベルが均一でないとブース全体にゆがみが発生してしまいます。測量の際に床レベルも確認し、均一でない場合は調整材を使用しレベル出しを行なった上でクリーンブースの設置を行ないます。

関連ケースとしてこちらもご覧ください。