• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >耐水試験用大型ブース、排水処理システムまで一括施工

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

耐水試験用大型ブース、排水処理システムまで一括施工

お客様のお困り事  KE-36

社内で製品の耐水試験を行われることになり、専用の大型試験室を設けられることになりました。

ISO 20653規格に対応する試験ということで、常時散水を行える仕様となり、排水には油も混ざるため、効率的に排水し処理するシステムが必要。

また試験対象の製品が大型で8t近い重量があるため、搬出入のしやすさ、荷重に耐えられる床構造を備えた試験室にしなければならない。

問題点

① 散水量は30?/min、適正に散水、噴霧できるシステムが必要。

② 油の混じった排水は、そのままでは既設の排水系に流せないので、油水分離処理を行わなければならない。

③ 排水量が多いので、試験室内でオーバーフローしない構造を工夫する必要がある。

④ 試験対象の製品重量が8t近いので、床には高い耐荷重性能を求められる。

蒲田工業からのご提案内容

不燃クリーンパネルを主部材に高い気密、水密性を持つ試験室を設計しました。
耐水、水弾き対策として、クリーンパネルの内壁面はカラー鋼板からステンレスに変更。床は高い耐荷重性能を実現するために、鉄骨補強下地と高強度グレーチングを組み合わせる仕様としました。

排水は床下全体PVC(ポリ塩化ビニール)で勾配を付け、センターに設置した排水マスへ導入することで、大水量を余裕をもって処理できるようにしました。排水マスを経由して、屋外に設置した油水分離装置にポンプでドレンアップし、油分を除去した上で既設の排水経路に流すシステムも併せて設計しました。

製品の搬出入をフォークリフトで安全に行えるように、搬入扉は2600w×3600hの特注サイズとし、搬入用スロープも設けました。

▼ 試験室外観


▼ ステンレス製内壁


ポイント

① 水弾き対策として内壁面をステンレスにした不燃クリーンパネルを採用。

② 重荷重用グレーチング床設置。

③ 大水量に対応した床下勾配と排水マス容量。


④ 屋外設置の油水分離装置で、排水中の油分を除去。
⑤ 試験室内の換気を効率的に行えるように、吸気ファンと排気口を設置。

⑥ 製品搬出入用に大型扉とスロープの設置。

▼ 床グレーチング


▼ 油水分離装置


解決した内容、お客様の声

かなり水量が多いので、水漏れや試験室内でのオーバーフローをお客様も懸念されていたが、問題なく処理できるシステムを構築することができた。製品の搬出入をスムーズに行えるように考慮した設計が高い評価を得られた。

お客様の声:
ISOの規格に対応した設備を設けることは決まったものの、どのようなシステムを構築すれば良いのか、最初は見当もつかず困っていました。打ち合わせをしていく中で高いレベルの提案をしてくれ、こちらの要望をしかりとしたか形にしてくれました。装置の搬出入や、排水処理システムにも工夫があり、満足いく仕上がりになりました。

蒲田工業がご提供できる価値

当社では単に清浄度をコントロールするだけでなく、温湿度の管理や、局所排気、陰圧コントロールにすることでの封じ込めといった空間制御を行っています。各種試験室、検査室を多数設計、製作してきました。豊富な施工経験に基づき最適なシステムを形にいたします。

営業マンの紹介    クリーン事業部  百済 直範

お客様の抱えられている問題点を的確に捉え「クイックレスポンス」をモットーに、ご提案から施工、アフターフォローに至るまで一貫して責任を持って行ないます。あらゆる業種で、様々な対応ができるクリーン環境構築のトータルコーディネーター。

この事例に関連する他の事例の紹介

研究設備には、ダブル構造の恒温恒湿クリーンブース!
 [共通キーワード:薬品、局所排気
特殊薬剤の封じ込めクリーンルーム
 [共通キーワード:抗菌クリーンルーム
様々なテストに対応できる評価試験用ブース
 [共通キーワード:試験室
クリーンルームの特徴と解説
[KAMATAクリーン環境構築]

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト