• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >研究設備には、ダブル構造の恒温恒湿クリーンブース!

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

研究設備には、ダブル構造の恒温恒湿クリーンブース!

お客様のお困り事  KE-17

ケミカルメーカー様より、今後の商品開発にあたり様々な試験を行なうための環境を整えたいとご相談いただきました。

問題点

① 清浄度クラス10000。
② 夏場・冬場の環境はエアコン使用で温度20~30℃ 湿度成り行き→25℃±3℃ 50%±10%で管理したい。
③ ブース内で薬品(酸系)を使用するため、排気処理も行いたい。

蒲田工業からのご提案内容

効率的な温度湿度管理を行なうためにダブル構造のKAMATAクリーンブースをご提案。 設置スペースも限られている為、使用する機器を極力コンパクトなものにしました。

ポイント

① 板を二重張りにすることで、断熱効果を高める。
② 省スペース化・価格を抑える為、精密空調機を使用。
③ 空調機の容量を抑える為、ブースに排気ファンを取り付け循環方式にする。
④ ブース内で薬品を使用する為、ドラフトを設置してその中で薬品を使用する。
⑤ ドラフトから排気された分を空調機で補充する。
⑥ 排気処理は活性炭フィルターで一次処理を行い、簡易スクラバーで二次処理を行い工場外に排気する。

解決した内容、お客様の声

清浄度はクラス100近く(無負荷状態)まで出ており、お客様にご満足いただきました。温度・湿度設定も任意で出来る為、色々な試験が出来るとおっしゃって頂きました。

蒲田工業がご提供できる価値

試験環境に適した清浄度、温調を設置場所・御予算に合わせた手法で提案します。

営業パーソンの紹介    クリーン事業部   国信 光一

長年、福山営業所の中堅社員として既存のお客様のフォローを行いながら新規お客様の開拓も行なってきました。ロール、溶射についての知識は社内でもずば抜けています。 現在は環境エンジニアリング部において、様々な業種におけるクリーン化の提案を行なっています。

この事例に関連する他の事例の紹介

サーマルヒューミコンで省エネ効果に特化した恒温恒湿ルーム
 [お客様の困りごと共通キーワード:恒温恒湿
高速シートシャッターで間仕切り、作業性を犠牲にせずに温度管理の効率化!
 [お客様の困りごと共通キーワード:温度管理
まだ出来る!省エネ対策―脱着可能な保温剤
 [同業種の事例]
バリデーション管理された生産環境に―GMP対応クリーンブース
 [同業種の事例]

クリーンルームの特徴と解説
[KAMATAクリーン環境構築]

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト