特定建設業 管工事(特-30)第94313号
特定建設業 機械器具設置工事業 (特-28) 第94313号

粉体混合機の防塵対策に
[菓子メーカー]

粉体混合機の防塵対策に[菓子メーカー]

使用製品 設置場所の環境
  • KAMATAクリーンブース
  • ファンフィルターユニット
  • 扉― 両開き、スライド
  • 菓子製造工場
  • 粉体の混合
  • 室内は一般空調のみ

目的

異物混入対策
ブース形状のカスタマイズ(除湿機の接続、配管逃がし)

  • 原料である粉体の混合時の異物混入対策。すでに防虫・防塵管理はしているが、徹底した対策をとっておきたい。
  • 除湿機との接続や、設置場所に一部配管が通っているため、上手く対応してほしい。
  • 壁面への粉体の付着を最小限にしたい。

仕様・施工

ダブル構造のKAMATAクリーンブースを設置。空調工事・床塗装も併せて対応。
  1. ダブル構造のクリーンブースを設置、内外面をフラットにしホコリ溜りを防ぐ。
  2. 配管をかわすため、天井の一部に段差を付ける。
  3. 台車での搬入が容易にするためスライド扉を、また機器搬入口には両開き扉を設置。
  4. ファンフィルターユニットに接続用SUS製チャンバーボックスを設置し、お客様にて用意された除湿機とクリーンブースを接続する。
  5. アルミフレームと床との設置面には清掃しやすいようR巾木を設置。

ダブル構造のアルミフレームを使用することにより内外面をフラット化出来るため、段差を無くし、歩留まりを低減できます。W3800×D3200×H2700(一部H2200) クラス10000
これくらいのサイズであれば、現地施工は半日で終了します。

仕様・施工

今回のポイントは・・・

設置場所の状況は様々です。限られたスペースを有効活用する為に、KAMATAアルミフレームの自由設計で様々な形状に対応できます。また、今回のように実際の作業に合わせて扉を選定するなら、わずかではありますが作業者の手間も軽減できます。粉体を扱われる工程では、湿度の管理が重要です。今回は客先の除湿機とクリーンブースとの接続を行ないましたが、精密空調機と併せて設置することをお勧めします。温度・湿度管理には、精密空調機で行なう方法と、露天飽和方式を採用した「サーマルヒューミコン」を使用するなら電力の抑え大幅なコストダウンとなります。

生産品目の変更などで生産ラインのレイアウト変更の場合、KAMATAクリーンブースであれば拡大・縮小・移設等も可能です。是非ご相談ください。

関連ケースとしてこちらもご覧ください。