• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >直管用ボールジョイントで傷を最小限に抑えガッチリ接続!

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

直管用ボールジョイントで傷を最小限に抑えガッチリ接続!

お客様のお困り事  CP-02

空調機を製造されているお客様で冷媒配管の気密検査工程で問題を抱えていらっしゃいました。

問題点

① 配管(接続部は銅直管)に亀裂がないか、溶接部からの漏れがないか、出荷前に検査を行う。

② 現在使用している他社製レバー式クランプは、銅管に金属製の爪を食い込ませて接続する構造なので、大きな傷がついてしまう。
そのため、検査用に銅管を長くしておき、検査終了後傷のついた部分を切り落とす作業が必要。

③ レバー式クランプは径が太く、レバー操作にクリアランスも必要とするため、製品を並べて検査することができない。

solution_100_14.jpg

蒲田工業からのご提案内容

直管用ボールジョイントを提案しました。

solution_100_16.jpg

solution_100_17.jpg

ポイント

① 直管に押し込むとボールをパイプに押しつけてクランプします。

② ボールジョイントは銅管にわずかな打痕を付けるだけで、管の変形は起こしません

③ アルミ管にも対応できます。

④ Oリングをジョイント挿入口にも組み込み、管の偏心を防ぐ構造。(一部製品)

⑤ プッシャーを引くと、ワンタッチで管を脱することができます。

solution_100_15.jpg

解決した内容、お客様の声

検査後の管切断という工程を省くことができ、検査に関する作業効率が飛躍的に向上しました。非常にコンパクトなボールジョイントなので、製品を一列に並べ、まとめて検査できるようになりました。この点も作業効率の向上に寄与しています。切断する銅管のコスト、廃棄コストも削減できました。

蒲田工業がご提供できる価値

蒲田工業では専門メーカーとして気密検査、通水検査に用いられる各種継手、ワンタッチカプラーを設計製作しております。本当に使いやすく高品質な治具をご提供することで、お客様の不安、不満を解決いたします。検査治具は一日に何度も操作することを想定し、軽量化、コンパクト化に力を入れて開発しています。

営業マンの紹介    流体事業部  美濃島 真吾

営業チームの最若手メンバー。若さと笑顔でどんな困難な課題にも前向きに取り組みます。

この事例に関連する他の事例の紹介

通水テストを効率化、ワンタッチオネジジョイントで課題解決!

 [お客様の困りごと共通キーワード:ワンタッチカプラー
目に見えないところの心配を取り除く!異物混入の心配がないステンレス製のパッキンで問題解決!

 [お客様の困りごと共通キーワード:ステンレス製ヘルールパッキン
軽量で安全性に優れたケミカルホースの採用で作業性向上!

 [お客様の困りごと共通キーワード:ケミカルホース

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト