特定建設業 管工事(特-30)第94313号
特定建設業 機械器具設置工事業 (特-28) 第94313号

局所空調化―間仕切り工事
[化粧品メーカー]

局所空調化―間仕切り工事[化粧品メーカー]

使用製品 設置場所の環境
  • クリーン断熱パネル
  • 床置き型エアコン
  • エアシャワー
化粧品工場
一般建屋、クリーン仕様ではない
室内は一般空調のみ

目的

生産ラインのクリーン化
外気の影響を受けやすく空調が効かない

  • 部屋自体はクリーンルーム仕様ではない為、改善が求められている。
  • 既設部屋(30m×15m)で生産しているが、外気の影響を受けやすく空調が効きにくい。
  • 充填工程と包装工程は、清浄度クラス1000の環境にする必要がある。

仕様・施工

全体空調から工程ごとの局所空調にすることで、空調効率の向上を図る。

  1. クリーンパネルを用いて、充填・包装・検品の3つの工程を間仕切りする。
  2. 清浄度クラス10000が求められる充填室と包装室にはHEPAフィルター付空調機(床置き型)を新規導入。
  3. 熱の侵入元となっている窓には、断熱パネルを施工し遮熱する。
  4. 住宅用クロスの既存内壁と天井には、珪酸カルシウムボードを全面に取り付け、クリーンクロスを貼る。
    ※できるだけフラットな面にすることで、ホコリ溜りや乱流の発生を防ぎ、クリーン度を向上させることができます。
仕様・施工
仕様・施工
仕様・施工

今回のポイントは・・・

クリーンパネルで各部屋を間仕切り、既設エアコンの効率化を図るとともに、新規導入のエアコン設置により各部屋に必要な空調環境・清浄度条件を満たす事ができました。
蒲田工業は単にクリーンルームの設置だけでなく、クリーン仕様ではない既設の部屋も、今回のような手法によりクリーン化・準クリーン化にすることが可能です。
工程ごとに必要とされるクリーン度や温度管理条件は異なります。工程ごとに間仕切り、全体空調ではなく局所空調を導入することで、省エネ化を実現しランニングコストが削減できます。 空調エリアの再構築や必要に応じて空調機の入れ替えなども行い、より省エネ効果の高い方法で施工します。

関連ケースとしてこちらもご覧ください。