蒲田工業株式会社蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

Kamata Industry Co.,ltd.

営業スタッフのブログ
蒲田工業株式会社 ブログイメージ
営業スタッフのブログ 「私たちにお任せ下さい!」
営業スタッフのブログ

クリーン事業部立野主任を取材しました

DATE2020.6.30 CATEGORYこんな人たち

エンジニアリング部の山下です。

先日、クリーン事業部の立野主任にインタビューさせていただきました。
立野主任のインタビューは今回で2回目になります。
私自身は初めてのインタビューでしたが、楽しみながら行うことが出来ました!

前回の記事はコチラ→京葉分室 立野さん取材記

社員取材

血液型:A型
星座:おとめ座
趣味:映画鑑賞、ペットの世話
好きな食べ物:お肉、たこ焼き
社歴:8年目

Q 自己紹介、仕事内容について教えてください。
中途採用で2013年に蒲田工業に入社し、8年目になります。
以前は千葉出張所で工業系の商社営業をしておりましたが、2017年にクリーン事業部へ転籍致しました。
現在では、クリーンブースやクリーンルームをベースに提案型の営業を行っています。
もともと既存のお客様に対しての営業が多かったのですが、クリーン事業部ではWEBの問い合わせや展示会でのお客様など新規の引き合いが多いです。
様々な業種のお客様とお取引させていただくようになり、化粧品や食品関係から細胞加工系の施設までの多種多様なお客様の対応をしています。

Q 職場の雰囲気はどうですか?
会社全体としては、一年の中で多くのイベントがあり他部署や営業所の交流も多いアットホームな社風です。
私が駐在している関東事業所では、エンジニアリング部やクリーン事業部など複数の部署の方々が在籍しています。
様々な部署間での情報共有が行われていて、各部署の専門性の知識が高く困った時は専門の諸先輩などにアドバイスを頂ける環境が整っている風通しの良い職場です。
年齢かかわらず尊敬できる方もたくさん在籍していて、働きがいのある職場だと思います。

Q 蒲田工業を選んだ理由は何ですか?
蒲田工業に入社する前は電動工具メーカーの営業をしていました。
ロジスティクス倉庫の棚卸や整理から消耗品や機器の補充がベースで、商社様同行で販売店への提案営業などお客様の声をお聞きする機会が少なく、達成感ややりがいが感じづらかったです。
転職を考えはじめ、直接お客様と関わる商社の営業がしたいと思う中で出会えたのが蒲田工業でした。
当時の面接官の方の印象が良かったことと実際にお客様にご提案することが出来て様々な業種のお客様がいる点に魅力を感じ入社しました。
現在でもその点が魅力です。

Q 蒲田工業でのやりがいは何ですか?
提案型営業でファーストタッチから完工までお客様に寄り添いながら一緒にお困りごとを解決できた時の達成感です。
お客様は製造環境や設備の改善など様々な問題を抱えていらっしゃいます。
どのような改善をしたいのか現場確認をしながら、ヒアリングさせて頂いた内容をもとに構想し設計をしていきますが、物品だけではなく一貫施工での対応が多いので数社の関係協力会社様と密に打ち合わせをしながら進めることがほとんどです。
工事の際には営業兼現場管理者として実際に工事に携わる事もありますので、正直大変なところはたくさんありますが、その分直接お客様に「立野さんに任せると全部やってくれて助かります」など直接感謝や喜びのお言葉を頂くことがやりがいに繋がっています。
また幅広い商品やサービスを取り扱っており、同じ現場はありませんので自身の経験にもなり活きる知識として人間としての幅が広がり成長できるのもやりがいの一つです。

社員取材

取材はMicrosoftteamsで行った(画面右下が立野主任)

Q 今までの仕事の中で一番印象に残ったことは何ですか。
クリーン事業部へ転籍しまだ何もわからないときに現場管理につかせて頂いた、再生培養加工施設の大型案件です。
クリーン事業部に転籍した当時、再生培養加工施設の大きな物件があり、右も左も分からないままでしたが現場管理職を担当させて頂ける事になりました。
現場管理の経験がほとんどなかった為、施主様・施工業者様からの質問、工程管理や安全に対しての取り組み設計構造の把握などの様々な対応に日々追われて、自分の未熟さを痛感しました。
------どのように乗り越えましたか?------
解らない専門用語はメモをとり、後で協力会社様や先輩から教えてもらい、専門書を見て勉強したことを覚えております。
日々の疑問を解決していき、少しずつですが知識や視野も広がり次に自分が必要な課題が見えてきました。
------工事現場ではどのような工夫をしましたか?------
現場の安全管理の強化ために作業シートKY記入実施・朝礼・施工体制表作成・工程管理1week情報共有を行い、職人の皆様の安全のため、熱中症対策・仮設材の準備・資材の補充などの対策を行いました。
そうすることで現場の雰囲気もいい方向に変わり職人の皆様にも"立野さん"や"監督"と声をかけていただき施工に関しての質問も増えました。
質問が増えることで各専門業者様へ指示するための知識などの次の課題が出てきて、施工をよりよいものにすることが出来ました。
工事も様々な対策のおかげで大きな問題もなく完工することが出来ました。
------その後、どのような展開がありましたか?------
この案件の後、設備の改造工事や是正工事などの細かなフォローを行うことでお客様の信頼を得ることが出来、昨年には、大手プラント設備会社様5社との相見積もりの中で弊社が大型の案件を受注することが出来ました。
そこでも、設計から完工まで一貫し対応させていただき、この案件の経験のおかげで無事納められたことが今まで経験がなかった規模の実績でしたのでとても印象に残っております。

Q 提案営業をする上で心がけていることは何ですか?
お客様のご要望と現場の確認を徹底して行っています。
クリーン事業部は新規のお客様が多いので、実際に訪問し発注の背景や予算、設置場所と環境などを具体的にヒアリングします。
その上で、お客様のご要望に適したものをどのような形で蒲田工業が提供するのか?をお客様がイメージしやすい方法でご提案します。
------例えば、どのような方法でしょうか?------
例えば金額面についてイメージがつかない場合には、他の案件の写真を用いて「こういう工事が必要だからこのくらいの金額になります」と提案します。
また、現場を確認することで自分にイメージが湧き、適した構造や懸念事項をお客様にその場で説明をします。伝わりづらい場合は、施工写真などを参考に見ていただきイメージをつかんで頂いております。 お客様から「社内で検討するためにイメージ図を書いてほしい」など言われた場合も、簡単な絵を書いたりすることもあります。
しっかり聞くことで 「こうしたほうがいいんじゃないか?」 という提案が生まれよりよい提案ができますので、お客様の要望のヒアリングと現地の確認は徹底して行っております。

▼ お客様がイメージしやすいように実際に描いたイラスト図
社員取材

Q 今後の展望について教えてください。
社内外を問わず「立野さんがいれば安心だよね」と言ってもらえるような存在になることです。
蒲田工業は規格品では無く自由設計でクリーンルームを構築する会社ですので、お客様・蒲田工業・協力会社の皆様の意見があり協力と反映でより良い設備が構築できます。
お客様へはいい提案を、協力会社様には元請けとしての設計施工管理と取り合い調整に磨きをかけることでよりよい設備構築ができ、私の望む存在に近づくことが出来ると思います。
------新しいチャレンジとして、どのようなことを試していますか?------
そのため、最近ではCADで設計図を作成する練習をしています。
自分で設計図から描けるようになると、お客様のご要望に沿った提案ができ、自分の中でもイメージをつけやすくなります。
今後も関係する皆さまに安心に思っていただけるような逸材な人になるように勉強を続けていきます。

▼ 独学で学び実際に描いた設計図
社員取材

Q プライベートはどのように過ごしていますか?
長丁場の物件に携わると、自宅から離れることが多いので休日は家族サービスに勤しんでいます。
愛犬や淡水魚の世話、お酒が好きなのでおつまみとして料理も作ります。
仕事はもちろん大事ですが、家庭はもっと大事ですので家族との時間を大切にしています。

※※※※※※※※

筆者からの感想

今回はクリーン事業部の立野主任に取材させていただきました!
Microsoftteamsでオンラインの取材を行ったのですが、初めての経験で上手くできなかったことがありました。
立野主任はそんな中でもいろいろお気遣いを下さり、緊張が和らぎリラックスして取材することが出来ました。

お話を聴く中で立野さんの「人に喜ばれることをしたい」という思いが伝わってきて、仕事に対する思いがとても素敵な方だと思いました。
また、提案型の営業を行う際にはお客様や協力会社様とのイメージを共有することが重要であることがわかりました。

お困りごとの解決を多様な手段で提案出来る点やお客様の声が直接すべて自分に来る点が蒲田工業のメリットです。
立野さんと同じ思いを持っている方にとってはとてもやりがいのある会社だと思いました。

今回のインタビューにご協力いただいた皆さんありがとうございました。

このブログについて このブログについて

カテゴリ一覧 カテゴリ一覧

月別記事一覧 月別記事一覧

最新記事一覧 最新記事一覧