蒲田工業株式会社蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

Kamata Industry Co.,ltd.

営業スタッフのブログ
蒲田工業株式会社 ブログイメージ
営業スタッフのブログ 「私たちにお任せ下さい!」
営業スタッフのブログ

クリーンルーム構築-ポイント紹介-〈KAMATAクリーンテクノロジーの特徴〉

DATE2019.3.29 CATEGORYソリューションについて

mitsuyuki.jpg 営業推進室の満行です。

電子部品、精密機械部品から化学品、医薬品をはじめ、幅広いモノづくり分野で利用されるクリーンルーム。蒲田工業は、過去20年以上に渡りクリーン環境構築(設計・製造・現場工事・建て直しなど)に取組み、オリジナルノウハウ"KAMATAクリーンテクノロジー"を築いてまいりました。
今回のブログではそのノウハウを活かして「クリーンルーム構築」に必要なポイントご紹介したいと思います。


高いレベルの清浄度実現と温湿度管理の徹底

半導体などの精密製品製造で利用されるクリーンルームをはじめ、クリーン環境構築時に求められる清浄度は高まっています。
高清浄度を実現するためにはレベルの高い空調技術が必要です。
温度や湿度、清浄度を管理する空調システムと、熱源機器、塵や埃を侵入させないHEPAやULPAフィルターなどの設備は、求められる清浄度に応じて構成する必要があり、また現場・お客様のご予算に合わせた工夫も欠かせません。

クリーンルーム構築の初期段階では、求める清浄度や温湿度管理などの要件を整理することになると思います。その時には、レベルの高い空調技術を活用して、高清浄度・恒温恒湿のクリーンルーム構築実現方法を検討することをお勧め致します。



温度±0.5℃、湿度±5%の精密空調も対応可能な恒温恒湿クリーンルームの解説はこちら


クリーンルームの省エネ化

クリーンルーム構築後の省エネ化は、構築段階で検討すべき課題です。
クリーンルームの省エネ化の代表的な方法に、局所的なクリーン化(高清浄度を実現)や、断熱パネルで高い気密性を保持することなどが挙げられます。



〈事例紹介〉クリーンルーム内の工程別清浄度管理に専用クリーンブース設置!


上記の事例で詳しくご紹介していますが、局所的なクリーン化(高清浄度を実現)を実現するためには、クリーンルーム内の工程を確認して用途に合わせた適切な設計が必要です。また、高断熱・高気密パネルや高効率空調機器を使用することも、省エネ効果を高めることに繋がります。


安全な工事・一貫した施工管理

最後にご紹介するのは、「安全な工事・一貫した施工管理」についてです。
クリーンルームの構築時には、複数の工程で多くの専門業者が工事を行います。工期や現場で起きる諸問題を管理しながら、適切なタイミングで専門業者が工事できる施工管理が求められます。また、工事規模が大きく業者への発注金額が4,000万円を超える場合には、元請け業者は特定建設業許可を所持しなくてはなりません。
工事を安全に行うためには、一貫した施工管理とその経験、さらに特定建設業許可をはじめとする資格保有が求められます。



蒲田工業は、特定建設業許可〈機械器具設置工事業・管工事業〉を取得しています。


ここまで、KAMATAクリーンテクノロジーのご紹介を交えながら、クリーンルーム構築のポイントをご紹介致しました。
クリーン環境構築でお困りのお客様は、どうぞお気軽に蒲田工業へお問い合せください、

このブログについて このブログについて

カテゴリ一覧 カテゴリ一覧

月別記事一覧 月別記事一覧

最新記事一覧 最新記事一覧