蒲田工業株式会社蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

Kamata Industry Co.,ltd.

営業スタッフのブログ
蒲田工業株式会社 ブログイメージ
営業スタッフのブログ 「私たちにお任せ下さい!」
営業スタッフのブログ

2019年5月 中堅社員研修会

DATE2019.5.22 CATEGORY営業教育について

zenk.jpg営業推進室 蒲田善太郎です。

先日、熱海で中堅社員研修が行われました。
社長、常務あいさつに続き中村副本部長司会のもと研修スタートです。


今回の研修の主な目的は、大型案件の成功事例、失敗事例をお互いに共有することです。
役員からだけでなく参加者相互から様々な意見、アドバイスが飛び交いました。


今回から初めての取り組みで、
有望な若手社員には自分の目指すべき先輩を明確にしてもらう為、聴講者としての出席です。
積極的な質問も多く、真剣なまなざしで話を聞いていました。


初日プログラムを終え懇親会です。
社長から講評があり、今年10月から福山営業所の所長になる高場課長による乾杯でスタートしました。


10月から関東営業所の所長になる佐藤課長に、所長としての力強い所信表明を含めた、中締めをしてもらいました。


▼集合写真



2日目は、藤原先生の講義からスタートです。


世の中の経済情勢や安全対策事例をご紹介頂き、その後、リーダーとしての考え方や、使用すべき言葉のレクチャーもありました。
最後に【永久成長】年齢に関係なく成長してほしいというメッセージを頂戴いたしました。

初日に引き続き、大型案件の成功事例、失敗事例を発表です。


近年蒲田工業では特定建設業許可を取得したこともあり、難易度の高い大型の工事物件を受注することが増えてきました。
今後も安全第一で、無事故、無災害で納期通り完工してまいります。

表面処理:ダイクロン事例についてのご紹介

DATE2019.5.15 CATEGORYお役立ち情報

営業推進室 周です。

今回のブログではある大手産業メーカー様での実績を紹介します。
この実績は社内で評判が高く、私自身も興味を持っていました。 担当していた開発部の中山課長に伺いました。

まずは、開発部について簡単な説明をします。
開発部は2つの業務を行なっています。
表面処理専用サイト(表面処理ガイド.com)を運営しています。表面処理やコーティングを中心に、生産設備の問題点や課題としての「耐摩耗」「滑り性」「非粘着性」など、お客様のお困りごとを解決し提案業務を行っています。
また、既にある表面処理やコーティングで解決できないケースも多いので、日々新しいものを探求し、複合コーティングの開発にも取り組んでいます。





Q:今回の仕事のきっかけ...

表面処理ガイド.comをご覧いただき、ホームページからのお問い合わせでした。
同じ県内ということもありましたが、お問い合わせいただいた内容(お困りごと)に対する解決策(表面処理の特定)がすぐ浮かび、すぐ訪問をさせていただきました。


Q:お客様のお困りごと...

製品を粉砕する工程(粉砕刃)で、早期的に刃が摩耗をし、バッジ時間が延びてしまいボトルネックになっていることと、交換の手間も問題となっておりました。 また設備にかかる費用も問題となっておりました。


Q:蒲田工業からの提案...

耐摩耗性と密着性に優れたダイクロン処理しかないという想いでご提案をさせていただき、ご理解をいただいた上で試作をさせていただきました。 試作品を実機で検証された段階で、寿命が倍以上に延びやはり効果が見込めました。
表面処理のみで延命できたのですが、刃のもともとの材質をより硬度が高いものに変更をして、ダイクロン処理との相性や摩耗して膜厚が薄くなってきても母材の材質変更による更なる延命が期待できると確信したからです。
また、回転する刃は指向性がありますが、裏返して使用できるように設計変更をし、その場合、単純に2倍使用できますので、併せてご提案させていただき、採用頂く目途がつきました。




▼ サンプルの表面にダイクロン処理をしました

Q:予想外の出来事...

ダイクロン処理は硬質炭化クロムめっきとなりますが、めっきの物性がお客様の生産される製品の特性に見合ったものかどうかを証明しなければならないことになったことです。
電解めっきの原理的に、使用してはいけない使用禁止物質や引火性のある樹脂やゴム関係の使用制限物質が含有してないことは明らかなのですが、それらが含有されていないことを証明することが難しく、苦労をしました。
民間~公的分析機鋼 併せて10社へ相談 をし、最終的にご要求に満足できる分析と分析結果をとることができました。 データを基に、蒲田工業として含有されていないことを証明することができました!
現在ではご安心された状況で、全く問題なく使用されており、延命も10倍以上となる見込みです!


蒲田工業は表面処理のメーカーではないので、お客様は直接メーカーにお問い合わせしたほうがいいではないのかと思われているかもしれません。
でも、中山課長の話を聞いた後に、お客様に選んでもらったのはよく分かりました。
蒲田工業は普通メーカーがやらないことまでお客様の為に行っています。(^^♪
表面処理やコーティングの種類やメーカーは数多くありますが、
自社で解決できないようなお困りごとの場合、また他のメーカーを探して最初からお問い合わせをしなければならない手間もあると思いますが、
蒲田工業では、幅広い知識と経験値、多くの仕入れ先様とのつながりもありますので、そういった部分でも重宝されているようです。




開発部では、多くの表面処理、コーティングサンプル(テストピース)を作成しております。 実機へ展開される前の前検証としてお役に立てればという思いで作成いたしました。

▼表面処理の一部



▼日々勉強しています





表面処理専用サイト(表面処理ガイド.com)

「第7回関西高機能フィルム展」の出展のご案内

DATE2019.5. 7 CATEGORY展示会出展について
mitsuyuki.jpg 営業推進室の満行です。

再来週の5月22日~24日に開催される『第7回関西高機能フィルム展』 に出展することになりました。
本展は、電機、自動車、建材、医薬品、食品包装など様々な分野で活躍する機能性フィルムから成形加工技術までが出展するフィルム産業展です。



20190507filmtech02.jpg


蒲田工業では、2,000を超える構築事例をもとに更なる高機能化、高品質化に必要なクリーン環境をお客様のご要望に合わせ、多数ご提案いたします。
また特定建設業許可(機械器具設置工事業、管工事業)を所持しており、大型工事でも安心してお任せ頂けます。
会期中は、様々な業種における解決事例を配布する予定です。

201905filmtechosaka02.jpg

当ブースでは、クリーン環境のトータルコーディネートとして、これまで医薬品・化粧品・化学業界などでクリーン化、恒温恒湿、防爆などの設計・製作・施工を行ってまいりました。

是非、弊社ブースへお立ち寄りください。

201905K_FLMosaka.gif

当社では無料招待券をご用意しております。
招待券をお求めの方は【招待券】をダウンロードし印刷してご持参ください。
(来場者登録欄にご記入の上、名刺2枚を添えて会場受付にお持ちくださいませ。)

20190507filmtech05.jpg

今年の1月7日より新たに大阪営業所を開設し、関東地区にもソリューション営業を展開し一層お客様のお役に立てるよう努めてまいります。

ご来場の際は、是非弊社ブースへお立ち寄りくださいませm(_ _)m

第20回共栄会 レポート

DATE2019.4.23 CATEGORY社活
mitsuyuki.jpg 営業推進室の満行です。

先日、品川プリンスホテルで【第20回 共栄会】が開催されました。

それでは、当日の様子をレポートします。

第一部 現状報告と今後の方針

開始前に事前準備をしっかり整え、式の流れと注意事項を再確認しました。

20190422kyoei01.jpg

13:30~ 受付開始

蒲田工業らしく明るく元気にお客様をお出迎えしました。

20190422kyoei02.jpg 20190422kyoei03.jpg

14:00~ 共栄会開始

社長から挨拶および経営方針の発表がありました。

20190422kyoei04.jpg

続いて、久保常務から蒲田工業成長戦略について発表しました。

20190422kyoei05.jpg

各営業所の社員による成功事例紹介と今後の展望について発表がありました。

20190422kyoei06.jpg

発表後に行われた質疑応答では、「仕入先様より流体事業部のメーカーをより一層押し出して頂きたい」という激励のお言葉を頂きました。

昨期の業績に特に寄与頂いた仕入先様の表彰も行われました。
今期の受賞社へ社長より感謝状が贈呈されました。

株式会社大和産業 様

20190422kyoei07.jpg

三機工業株式会社 様

20190422kyoei08.jpg

第一部の締めくくりに三機工業株式会社 機械システム事業部 統括部長 草野様よりお言葉を頂戴しました。

20190422kyoei09.jpg

第二部 懇親会

16:40~ 懇親会

20190422kyoei10.jpg

まず初めに新入社員、中途社員からそれぞれひと言ずつ挨拶をしました。
これから良い仕事を一つ一つ積み上げていき、会社に貢献していけるように一緒に頑張っていきましょう!

ニッタテクノ株式会社 代表取締役社長 伊藤様による乾杯のご発声を頂き懇親会がスタートしました。

20190422kyoei11.jpg

懇親会の様子です。

20190422kyoei12.jpg

20190422kyoei13.jpg

20190422kyoei14.jpg

懇親会の締めのお言葉を小澤物産株式会社 代表取締役社長 小澤様より頂きました。

20190422kyoei15.jpg

おかげさまで、今年の共栄会も笑顔が絶えない会となりました。

蒲田工業にとって大きな行事の一つでもある共栄会が無事に終わり、お客様を社員全員でお見送りしました。 お越しいただき誠にありがとうございました。

20190422kyoei16.jpg


◇ ◆ 仕入先様からのアンケート内容 ◆ ◇

良い点
・様々な業界に対しての成功事例について発表をして頂き、お困り事確認から受注のポイント工事について等とても勉強になりました。
・毎年工夫のある発表をしていると感じました。今度ぜひ弊社に工場見学に来ていただければと思います。共に協力して勝っていけたらと思います。
・共栄会を重ねる毎に発表方法、個々の発表される方のレベルが上がっていると実感しております。
・いつも事例などをご紹介頂き、御社の素晴らしさを感じます。

改善すべき点

・事例全般でお客様の「お困り事」を全力で解決しようという姿勢を感じユーザー満足度も集計していれば知りたいと思います。

アンケートにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。
ご好評の声をたくさんいただくことができ大変感謝いたします。
また、ご指摘頂いた点は今後の営業活動、来年の発表に活かして参ります。
今後とも末永いお付き合いのほど宜しくお願いいたします。

-----

■ 司会の紹介 ■

第一部 総務部 真浦さん

20190422kyoei17.jpg

第二部 取締役 伊藤副本部長

20190422kyoei18.jpg

今回も共栄会の準備から運営までサポートされた総務部の皆様、ありがとうございました。m(_ _)m

産休、育休を経て職場復帰しました

DATE2019.4.22 CATEGORY社活

営業推進室 周です。

ご無沙汰しております。
このたび、産休育休を経て仕事復帰しました。(^^♪

初めての出産、育児ということもあり、慣れないことばかりでした。(*_*;
幸い会社は産休・育休への理解が高く、柔軟に対応してくれたので、無事に復帰することが出来ました。
出産を経て、考え方もいろいろ変わった思います、今は大変ながらも充実した日々を過ごしています。(^^♪





さて、今回のブログは蒲田工業で取組んでいる【エコキャップ運動】についてのご紹介です。
エコキャップ運動はとても小さなことですが、CO2削減にも貢献でき、キャップで救われる命もあります。
多くの社員が利用する自動販売機の横に回収ボックスを設置しています。

今回も多くのキャップを集めることができました。
キャップにシールが貼ってあると回収してもらえないので、富士営業所の井上さんに確認作業をしてもらいました。とっても感謝です。m(__)m



今まで、社員の皆様「シールが貼ったままで捨てるのはNG」シールが貼ったままで捨てるのはNG」を伝えてなかったので、これから協力してもらいます。



回収できたキャップの重量は、10.5kgでした。

エコキャップ数量明細

少しでも多くの子供たちにワクチンを提供できるように今年もエコキャップ運動を続けていきたいと思います。(^^)

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

http://ecocap.or.jp/

2019GW休暇のお知らせ

DATE2019.4.22 CATEGORY
2019GW5.jpg

2019年 新入社員、若手社員向け基本徹底研修

DATE2019.4.11 CATEGORY社活

新入社員の関東営業所 山嵜、福山営業所 大谷です。

4月2日~3日に行われた株式会社小宮コンサルタンツ様の
「新入社員・若手社員向け基本徹底研修」に参加させていただきました。

小宮先生の講義では「幸せと成功の違い」についての講義がありました。
社会人とは、お金を頂いて働いているため自らの幸せだけでなく、会社に貢献し成功することが必要だという内容が印象的でした。私も少しでも早く仕事を覚え、会社に貢献できる人間になれるように精進していきます。

午後の金入先生の講義では、グループワークで実際の仕事の進め方についてゲーム形式で体験させていただきました。
仕事の進め方次第で効率が変わってくることを感じました。
これから仕事を行っていく中で、工夫し効率の良い方法を見つけていきます。



二日目は井出先生より、「社会人としてのビジネスマナー」についての講義がありました。社会人として基本的な挨拶、お辞儀の姿勢、名刺交換、電話対応など実践を交えて学びました。
ビジネスマナーは、信用、信頼を得るために必要なことです。反対にマナー違反をしている人は、なかなか信用できないと思います。社会人としての信用、信頼を得るためにもビジネスマナーをきちんと身につけ仕事を通して成長していきます。



午後からは、「来年度の新卒採用に向けた自社の会社案内」について同期の山嵜さんと一緒に会社のPR表を作成しました。
自社の魅力を自分では理解していても、新卒の方にどのようにアプローチをしたら興味を引き、きちんと内容を伝えられるかについて考えました。口頭で説明することと、文字幅、文字の色合いなど、紙媒体で表現することは全く違い、学ぶことが多くありました。
入社式で社長から頂いた、3つの壁「生活習慣の壁、知識の壁、人間関係の壁」を越えられるよう努力していきます。

2019年 入社式

DATE2019.4. 3 CATEGORY社活

zenk.jpg営業推進室 蒲田善太郎です。

4月1日、蒲田工業本社にて入社式を開催いたしました。第二新卒として入社した山嵜隆治くんと、新入社員として入社した大谷吉広くんをお迎えしました。





「3つの壁(生活習慣の壁、知識の壁、人間関係の壁)に直面することもありますが、一つずつ乗り越えていってほしい」というメッセージが、蒲田社長から新入社員へメッセージが贈られました。



はじめの研修期間として、お二人は富士営業所のエンジニアリング部に配属されます。
失敗を恐れずどんどん挑戦していきましょう。これからよろしくお願いいたします!

クリーンルーム構築-ポイント紹介-〈KAMATAクリーンテクノロジーの特徴〉

DATE2019.3.29 CATEGORYソリューションについて

mitsuyuki.jpg 営業推進室の満行です。

電子部品、精密機械部品から化学品、医薬品をはじめ、幅広いモノづくり分野で利用されるクリーンルーム。蒲田工業は、過去20年以上に渡りクリーン環境構築(設計・製造・現場工事・建て直しなど)に取組み、オリジナルノウハウ"KAMATAクリーンテクノロジー"を築いてまいりました。
今回のブログではそのノウハウを活かして「クリーンルーム構築」に必要なポイントご紹介したいと思います。


高いレベルの清浄度実現と温湿度管理の徹底

半導体などの精密製品製造で利用されるクリーンルームをはじめ、クリーン環境構築時に求められる清浄度は高まっています。
高清浄度を実現するためにはレベルの高い空調技術が必要です。
温度や湿度、清浄度を管理する空調システムと、熱源機器、塵や埃を侵入させないHEPAやULPAフィルターなどの設備は、求められる清浄度に応じて構成する必要があり、また現場・お客様のご予算に合わせた工夫も欠かせません。

クリーンルーム構築の初期段階では、求める清浄度や温湿度管理などの要件を整理することになると思います。その時には、レベルの高い空調技術を活用して、高清浄度・恒温恒湿のクリーンルーム構築実現方法を検討することをお勧め致します。



温度±0.5℃、湿度±5%の精密空調も対応可能な恒温恒湿クリーンルームの解説はこちら


クリーンルームの省エネ化

クリーンルーム構築後の省エネ化は、構築段階で検討すべき課題です。
クリーンルームの省エネ化の代表的な方法に、局所的なクリーン化(高清浄度を実現)や、断熱パネルで高い気密性を保持することなどが挙げられます。



〈事例紹介〉クリーンルーム内の工程別清浄度管理に専用クリーンブース設置!


上記の事例で詳しくご紹介していますが、局所的なクリーン化(高清浄度を実現)を実現するためには、クリーンルーム内の工程を確認して用途に合わせた適切な設計が必要です。また、高断熱・高気密パネルや高効率空調機器を使用することも、省エネ効果を高めることに繋がります。


安全な工事・一貫した施工管理

最後にご紹介するのは、「安全な工事・一貫した施工管理」についてです。
クリーンルームの構築時には、複数の工程で多くの専門業者が工事を行います。工期や現場で起きる諸問題を管理しながら、適切なタイミングで専門業者が工事できる施工管理が求められます。また、工事規模が大きく業者への発注金額が4,000万円を超える場合には、元請け業者は特定建設業許可を所持しなくてはなりません。
工事を安全に行うためには、一貫した施工管理とその経験、さらに特定建設業許可をはじめとする資格保有が求められます。



蒲田工業は、特定建設業許可〈機械器具設置工事業・管工事業〉を取得しています。


ここまで、KAMATAクリーンテクノロジーのご紹介を交えながら、クリーンルーム構築のポイントをご紹介致しました。
クリーン環境構築でお困りのお客様は、どうぞお気軽に蒲田工業へお問い合せください、

京浜営業所 高橋さん取材記

DATE2019.3.20 CATEGORYこんな人たち
mitsuyuki.jpg 営業推進室の満行です。

先日、京浜営業所の高橋さんを取材いたしました。



血液型     A型
星座      さそり座
趣味      バスケ、ゴルフ
好きな食べ物  オムライス
社歴      2年目

Q; 現在の仕事内容をお聞かせください。

神奈川県の都市部を中心に製鉄、化学、製紙のお客様に向けて営業活動を行っております。
特に製鉄会社様の工場はとても広く、構内には関連会社様が多数いらっしゃいますので、毎日訪問し営業活動を行っております。
主な販売品目はゴム・樹脂加工品や伝動・搬送ベルトです。
また物品販売だけではなく、ベルトエンドレス工事や床塗装工事等も行っています。
現在は工事のお引き合いを頂くため、200件以上あるソリューション事例の中から主に安全対策における工事のご提案を行っています。

Q; 入社して二年たちますが、成長したと実感できているところを教えて下さい。

社会人として基礎的なことですが、「報告・連絡・相談」の大切さを実感し徹底しています。
今までは自分の分からない部分だけを相談して、進捗状況などの報告を怠っておりました。
進捗状況を随時報告することで、自分が気付いていない部分を指摘して頂き、的確なアドバイスを頂いています。分からないことは自分で勝手に判断せず先輩方に相談することで細かなミスを事前に防ぐことができるようになっています。
また担当を持って1年半経ちますが、日々の営業活動を通してお客様からお引き合いを頂くことがあります。その際も前任者に報告・相談を行い、アドバイスを頂くことでお客様にご提案したものを別のお客様にも水平展開できるようになりました。

Q; まだまだ足りないと感じていることを教えてください。

先輩方と比べてお客様とのコミュニケーションの浅さを痛感しています。
自分のことをお客様に知っていただくためには仕事の話だけでなく、自分のプライベートの話を投げかけて打ち解けることが大切だと考えています。
やはり、自分のプライベートまでの雑談ができるお客様には、相談されやすくなるため仕事の話を頂きやすくなると感じています。

― それを補うために心がけていることはありますか。
実際に直接お会いする回数を増やすことです。
仕事の話からプライベートの話まで隔たりなく打ち解けるために、自分から話題を投げかけています。自分のことをもっと積極的に打ち明けることで相手のことを知り距離を縮めていきたいと思っています。

Q; お客様と接している時に心掛けていることはありますか。



お客様の話を聞くときは、話を遮らず最後まで聞いてから自分の提案を行うようにしています。お客様の聞きたいことの内容の意図を汲み取り、まずは理解することでコミュニケーションを円滑に図ることを心がけています。
また、現場を見学させて頂けるチャンスがあれば見せて頂き、分からないことがあればその場でお聞きし、常に製品知識の理解を深めることを意識しています。

Q; 仕事のやりがいは何ですか。



お客様から突発的な依頼があった時、その日のうちに納品まで対応できたことです。
先日、ある製紙会社様のお客様から早急にベアリングが欲しいとの依頼がありました。
複数の仕入先様へ確認したところたまたま在庫を保管されていたので、自分がそれを取りに行きお客様のところへ納品しました。その時お客様から感謝のお言葉を頂きました。お客様のお役に自分が立てたと実感できた時にやりがいを感じました。
今後はお客様のお困りごとに対して、提案営業を行い解決することでお客様から感謝されるような営業へと成長していきたいです。

Q; 今後の目標は何ですか。

昨年末から先輩方の工事の立ち合いに同行し、経験を積むことで工事におけるスキルを身につけています。この経験を活かし、先日お客様から安全対策工事のご相談を頂きました。
工場内にあるスラグを押し潰す装置に安全柵が囲ってあります。装置が安全柵内にあるため、電源スイッチを入れる際、安全柵をまたいでスイッチを押さなければならないとのお困り事でした。課題解決をすべく提案営業を行い、お見積りを提出している段階です。
今後もお客様から頂いた課題に一つ一つきちんとお応えし解決することで、信頼される営業に成長していき、安全対策をはじめ間仕切り工事や塗床工事などの分野でも工事案件の受注に繋げていきます。

Q; プライベートはどのように過ごしていますか。

学生の頃からずっとバスケットボールをしています。社会人になった今も地元のバスケチームに所属し休日に友人たちと試合をして過ごしています。 また、蒲田工業に入社してゴルフを始めました。
6月に社内イベントのゴルフコンペに参加する予定です。今回で2回目の参加になりますが、前回ブービーメーカーという結果でとても悔しい思いをしたので、今回はリベンジを果たし優勝したいと思っています。現在は、平日の仕事帰りや休日に先輩方と一緒に打ちっぱなしへ行って猛練習中です。

高橋さんのインタビューは以上です。
この春3年目になりますが、まだまだ仕事を通して成長できる一年になると思います。一つ一つの工事の経験が今後のスキルを身につけ別の工事で生かされることを期待しております。取材させて頂きありがとうございました。m(__)m



前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

このブログについて このブログについて

カテゴリ一覧 カテゴリ一覧

月別記事一覧 月別記事一覧

最新記事一覧 最新記事一覧