• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >生産設備の新規導入に伴う間仕切り工事

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

生産設備の新規導入に伴う間仕切り工事

お客様のお困り事  HB-46

生産設備の新規導入にあたり、装置の設置箇所を囲う必要性が生じました。
設置が予定されているスペースでは上の階からチリや埃が落下し製品への混入があるため、天井もカバーしなければならない。

問題点

① 装置は複雑な形状をしているが、なるべく装置形状に合わせ、最小スペースで囲いたい。

② 設置が予定されている床に凹凸があり、レベル出しもされていない。

蒲田工業からのご提案内容

軽量鉄骨とケイカル板(珪酸カルシウムボード)を用い、装置の形状に合わせたブース構造での囲いを提案しました。

solution_100_05.jpg

solution_100_06.jpg
ポイント

① 軽量鉄骨で骨組を作り、ケイカル板を貼る構造によって、短工期での施工を実現。

② ケイカル板は耐火性や吸湿性に優れ、比重も軽い素材です。

③ 床の凹凸、装置形状に合わせた加工を行うため、一部を現地加工することにしました。

解決した内容、お客様の声

現地で実測しながら最終加工を行うことで、装置とのクリアランスもご要望通りに確保した、ブースをくみ上げることができました。

施工現場床の凹凸はかなりありましたが、この点も現合することで、隙間なくスッキリと仕上げることができました。

蒲田工業がご提供できる価値

蒲田工業では、それぞれの現場にあわせて、最適な手法を組み合わせより良い製造環境を構築いたします。間仕切り手法もKAMATAアルミフレームを用いる手法、断熱パネル工法、ビニールカーテンブースなどご要望や用途に合わせ最適な提案を致します。

この事例に関連する他の事例の紹介

建屋構造を活かしたパネル式クリーンルーム
 [共通キーワード:異物混入防止
高速シートシャッターで間仕切り、作業性を犠牲にせずに温度管理の効率化!
 [共通キーワード:温度管理
局所空調導入で製品の劣化を防止!
[同業種事例]
クリーンルームの特徴と解説
[KAMATAクリーン環境構築]

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト