• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >サイロの付着対策、エアーノッカー導入で効率的に自動払い落とし!

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

サイロの付着対策、エアーノッカー導入で効率的に自動払い落とし!

お客様のお困り事  HB-44

化学工場様での事例です。
原料一時貯蔵サイロが複数の生産ラインで共用されています。生産切替えの際に、前の製品用原料がサイロ内に残っていると、純度が落ち品質の低下を招いてしまう。(コンタミネーション)
原料がサイロに貯蔵される時間は短時間であり、製品毎にサイロを個別に設けることは現実的でない。できる限り労力を掛けずに設定基準値以下になるよう、付着量を減少させたい

問題点

①  原料貯蔵サイロを複数の生産ラインで共用。

②  残留した原料は混ざると製品の品質が低下。

③  サイロの容量が大きく、都度水洗いすることは作業性、コストの面からも問題がある。

④  人の力では、衝撃を与えられる範囲にも限界があり払い落としの効率が悪い。

蒲田工業からのご提案内容

サイロの外面に取付け、衝撃を与え付着を払い落す「エアーノッカー」を提案しました。


solution_99_91.jpg

ポイント

①  サイロに直接振動を与え、強力な払い落し効果を発揮します。

②  サイロ1基に対して複数のエアーノッカーを最適な位置に取り付けることで、効率的に付着物を除去。

③  複数のエアーノッカーを制御盤で集中管理。

解決した内容、お客様の声

お客様の声
短時間で付着除去できている。一つの制御盤で全てのエアーノッカーを作動させられ管理の手間もかからない。

蒲田工業がご提供できる価値

エアーノッカーはどこに取り付け、どういったタイミングで作動させるかを適切に設計しなければ、最高の性能を発揮できません。
蒲田工業ではサイロ内のどこに、どの程度発生しているか事前にしっかりと調査をすることで、最適化を図ります。
付着対策にはエアーノッカーの他にもサイロ内に直接エアーを吹きつけるエアーブラスター、表面処理、ライニングなど他の手法もご提供できます。それぞれの特性を踏まえ、単独もしくは組み合わせで最適な解決策をご提供いたします。

営業マンの紹介    福山営業所  高場 啓司

日々、野球で鍛えた体と精神力で『お客様のお困り事の解決』に全力で頑張っています。若い行動力で、お客さまからの信頼も大きくなっています。

この事例に関連する他の事例の紹介

粉体袋詰め工程の生産性向上に―合理的な粉体のハンドリングを実現!
 [共通キーワード:移送の効率化
粉体のハンドリング―製品に合わせた最適な空気搬送設備をご提案!
 [共通キーワード:作業性の向上
ホッパーの居着き対策に超高分子量ポリエチレンライニング
 [共通キーワード:居着き対策

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト