• ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >クリーンルーム内の臭気対策

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

クリーンルーム内の臭気対策

お客様のお困り事  AB-40

食品会社様で製品の分析や検査を行われているクリーンルーム内に、隣の作業工程から臭気が入ることにお悩みでした。

問題点とポイント
  1. クリーンルーム内では官能試験(人間の味覚や嗅覚を用いる品質検査)を行うので臭いはNG.
  2. スペースに余裕がないので、脱臭装置はできるだけコンパクトなものが欲しい。
  3. クリーンルームの清浄度を悪化させることは避けたい。

蒲田工業からのご提案内容

レナテック社製光触媒脱臭システムを提案しました。クリーンルーム天井の外気取入れ口手前に脱臭システムボックスを設置。空調機、HEPAフィルターには脱臭済みの空気が流れます。圧損もほとんどなく脱臭速度も非常に高速なシステムです。

solution_100_87.jpg
▼光触媒脱臭装置
solution_100_88.jpg
▼光触媒脱臭装置の構造
solution_100_89.jpg
ポイント
  1. 光触媒が安定した性能を発揮するように、酸化チタンのナノ粒子でコーティングした多孔質セラミックフォームと、効果的な特定波長の紫外線を照射するブラックライトを組み合わせたシステム。
  2. 活性炭を用いた脱臭システムに比べ、ランニングコストが圧倒的に安く済む。(活性炭の場合数ヶ月ごとに交換が必要)
  3. 天井スペースに設置できるコンパクト設計。
  4. 臭気強度や風量に合わせモジュールを多段構造に組み合わせることで大型プラント用にも設計、製作可能。
  5. 光触媒システムは臭いだけでなく、各種空中浮遊雑菌やウイルスの除去にも有効。
▼ 多孔質セラミックフォーム
solution_100_90.jpg

解決した内容、お客様の声

設置後の臭気濃度はおよそ1/6に低下させることができ、クリーンルーム内ではほとんど臭気が感じられない環境が実現できました。数値でもご確認いただけるように臭気測定を専門の臭気判定士によって行いました。
今回の脱臭システム導入にあたっては活性炭を用いたシステムとの比較がなされましたが、ランニングコストの安さが決め手となり採用されることになりました。(10年間のトータルコストは条件によっては活性炭の半分以下に抑えられます。
セラミックフォームは純水洗浄によって初期性能を回復させることが可能です。10回洗浄しても除去性能の低下は見られません。

蒲田工業がご提供できる価値

蒲田工業ではこれまでも様々なかたちで臭気対策を行ってきました。ブースと局排を組み合わせたシステム。水や次亜塩素酸ソーダで空気を水洗するシステム、対象となる特定のガスを選択的に吸着するシステムといった各種脱臭システムの構築はもとより、臭いの発生源の洗浄や排水処理設備の改善といった上流での対策にも実績があります。

営業パーソンの紹介  相模原営業所 佐久間 眞広

solution_100_sak.jpg
スポーツで培った誠実さと努力を活かした爽やかな営業マン。 印刷工場・機械装置メーカー様を主に担当し、生産・製造ラインのノウハウをもとに作業効率化・省人化の改善を得意としております。

この事例に関連する他の事例の紹介

FRP補修はお任せ下さい。状態に応じた最適補修をご提案!
 [共通キーワード:臭気対策
防爆ルームから排気設備まで一括施工します!
 [共通キーワード:臭い
食品工場用オールステンレス製コンベアをオーダーメイド。使いやすさが高評価!
[同業種事例]
HACCP支援コンベヤと特殊搬送ベルトで品質管理
[同業種事例]

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト