蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >標準品の樹脂搬送ベルト―精密加工を加えて不可能を可能に!

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

標準品の樹脂搬送ベルト―精密加工を加えて不可能を可能に!

お客様のお困り事  AB-10

製品をラップ包装する際、ラップをウレタン(樹脂)ベルトで挟んで適正なテンションを掛けて包装する個所で、ベルトが原因でラップが破れたり、スリップしたりで上手く包装できずお困りでした。

①ベルト表面の凹凸が少ないとスリップをして正規な包装ができない。
②通常硬度のウレタンベルトで布目付表面を使用すると、摩擦係数が高すぎベルトに捲き付いてラップを破ってしまう。
③高硬度のウレタンベルトで布目付表面を使用すると、ラップに傷を付けてしまう。

蒲田工業からのご提案内容

ウレタンベルトの標準品ではどこのメーカーでも使用用途に合うものがないため、ラップとの離れの良さとスリップを起さない高硬度のウレタンベルトで布目付表面ベルト(NLGベルトのGUTWタイプ)を使用し、破れ・傷防止は表面の鋭利な突起を研磨することをご提案しました。

ポイント
①ベルト表面の形状と硬さでスリップと捲き付きがないタイプの選定
②破れ・傷防止は表面研磨加工を行う
③研磨取りしろは、サンプルを提出しテストをして頂き決定する
④研磨は1/100mm単位で仕上げ均一に行う


解決した内容、お客様の声


標準品のウレタンベルトで探してもどこにもなく、表面研磨加工を施しお客様のご使用用途にあった製品をお入れすることができました。
また、蒲田工業の設備でベルト表面研磨機を所有していることで研磨取りしろ6/100mmで加工し、10000本以上の製品を加工し出荷させて頂いていますが不良品は皆無です。

お客様からは「加工精度が高く、包装機をご使用のお客様からのクレームで今まで頭を悩まし続けた問題が一つ解決できた」とのお言葉を頂きました。

蒲田工業がご提供できる価値

標準品のベルトでは使用用途に合わない場合、より機能を発揮する表面加工や桟・ガイド加工を提供いたします。 また、経験や知識の豊富な営業マンがおりますので、ベルト(搬送用・伝導用)の選定のお手伝いや現場エンドレスの作業員もおりますのでお気軽に声をお掛け下さい。

営業マンの紹介    富士営業所 谷中照和

愛嬌の良さは社内でもピカイチ。前任地では長くセットメーカー様を担当していたので精密機械加工や樹脂、ゴムの物性に関する知識や経験が豊富です。
現在は製紙メーカー様をメインに担当し生産現場での課題解決に力を注いでいます。(この事例は前任の京浜営業所在籍時に担当したものです。)

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

  • ソリューション事例マップ
  • お客様訪問記
  • KAMATA STAFF BLOG
  • 流体事業部の紹介
  • ベルトメンテナンス部門紹介
  • 取扱製品紹介動画
  • ソリューション事例ランキング

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト