蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

  • ENGLISH
  • 中文

ホーム > お困りごと解決事例 >ポンプを分解せずに取付け可能―2分割メカニカルシール

Solution Showcase お客様困りごと解決事例

前のページへ戻る 前のページへ戻る

ポンプを分解せずに取付け可能―2分割メカニカルシール

お客様のお困り事  HB-12

冷却水の大型循環ポンプを数十台使用されている工場で、ポンプからの水漏れが多発し困られていました。 このポンプではシール材にグランドパッキンを使用されていましたが、このパッキンのシールが効かず、 水漏れを起こし周囲が水浸しになっていました。工場の生産が忙しくポンプを頻繁に止められない事と、 台数が多い事、またポンプ稼動中のパッキンの増し締め・水漏れ調整作業は安全上危険な為に行われていませんでした。


①水の損失及び回収・清掃費の増加

②水漏れに起因するベアリングの寿命低下・破損・ポンプの故障。

③グランドパッキンによる、ポンプシャフトの摩耗

④稼動中の回転機器への調整は、巻き込まれるなどの危険が伴うためできない。

⑤メンテナンスする場合、大型ポンプのためレッカー車などを使っての大掛かりな作業となってしまう。



これらの作業を少しでも減らしたいとのご相談をいただきました。

蒲田工業からのご提案内容

ポンプを分解せずに簡単に取り付けられる2分割メカニカルシールを提案しました。
このメカニカルシールは、従来の2分割シールより3.5倍の高圧に耐え、スタフィンボックス内の真空状態にも耐えられます。

①あらゆるタイプのポンプに取り付けが可能。
②ポンプの分解が不要で簡単に取り付けられる。
③グランドパッキンと違い、一度取り付けると増し締め等の定期的なメンテナンスが不要。
④グランドパッキンと比べると50倍以上と高価であるが、メンテナンス費用(レッカー車の手配等)水の損失・清掃作業等が不要となりメリットがある。


   使用前(漏れている)           取付け後


解決した内容、お客様の声


ポンプ本体の分解などは一切行なわず、現状のポンプを止めるだけでメカニカルシールの取付けを行なうことができました。
水漏れも無く、パッキンの増し締め作業・周りの清掃作業が不要、作業の効率化が図られると同時に水の無駄や廻りの環境も良くなりました。

蒲田工業がご提供できる価値

ポンプのメンテナンスに時間・費用がかかられている場合、蒲田工業ではご使用の用途・条件に応じた的確な製品をご提案させて頂きます。

  • お困りごと解決事例トップへ
  • 蒲田工業トップページへ

前のページへ戻る前のページへ戻る

製造現場での様々なお困りごとを、現場に深く入り込み解決 ソリューション事例マップ

  • ソリューション事例マップ
  • お客様訪問記
  • KAMATA STAFF BLOG
  • 流体事業部の紹介
  • ベルトメンテナンス部門紹介
  • 取扱製品紹介動画
  • ソリューション事例ランキング

自社運営サイト

表面処理ガイド 気密検査カプラー専用サイト