蒲田工業株式会社蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

Kamata Industry Co.,ltd.

営業スタッフのブログ
蒲田工業株式会社 ブログイメージ
営業スタッフのブログ 「私たちにお任せ下さい!」
営業スタッフのブログ
ホーム > 営業教育について

ローランド株式会社様が取材に来社されました

DATE2012.8.20 CATEGORY営業教育について

 営業推進部の周です。


先日、ローランド株式会社様が取材に来社されました。


ローランド様はデジタルピアノなどの電子楽器メーカーであることは良く知られていますが、楽器だけでなく、動画制作の機器も開発されているのです。

弊社ではZKカプラなどの新商品を取扱い始めました。商品の特長や使い方などは動画を見て頂くのが一番分かりやすいので、自分達で動画の撮影、編集を本格的に始めることにしました。

以前はwindowsの標準ソフトを使い、ほんとにちょっとした動画やスライドショウを制作していました。撮影もデジカメの動画撮影機能を使って行っていましたので、クオリティも決して高くありませんでした。

今回、ハイビジョン撮影ができるデジタルムービーとローランド様の動画編集機材を導入し、制作環境をばっちり整えました。豊富な機能を使いこなすためにローランド様主催のセミナーにも参加させてもらいました。

 6月に参加したセミナーの風景




東京で行われたセミナーに参加したことをきっかけとして、今回の取材をお受けすることになりました。

いつもは取材する側ですが、今回逆に取材されまして(#^.^#)、少し緊張しました。

 取材風景




取材が終わった後に、せっかくプロにお越し頂いたので、前回のセミナーでできなかった部分(音声の微調整や各種効果の使い方)などをさらに詳しく教えて頂きました。

 講習風景




動画の制作は本当に面白いです。

動画のステップが早くて、字幕、ナレーションとタイミングを合わせにくくなってしまったり、最初に構成を考えず映像を撮って、後の編集が難しくなることもありました。でも、仕上がりの動画を見ると、すごくやりがいを感じます。

まだまだ経験が浅いですが、これから先輩と勉強しながら、少しずつ良い動画を更新して行きたいです。

頑張りますので、応援してください(^^♪!

iPad講習会

DATE2012.5.28 CATEGORY営業教育について

 営業推進部の周です。


先日、社内でiPadの講習会が行われました。

富士営業所の様子


社内でiPadを持っている営業員を対象にテレビ会議システムで進行しました。

パソコンで映った各営業所の参加


講師の堀本さん(静岡西営業所



filesPro】と【neu.Notes+】の使用方法について。



filesPro:

・ 様々なフォーマットのドキュメントをiPhoneに保管し、閲覧するアプリ

・ 優れたPDFサポート、高解像度の画像を含む高品質のビューワー

・ 音楽再生、映画鑑賞、クラウドストレージにアクセス、インターネットからのダウンロードが行える

  資料① 「同一wifi環境下にて」



  資料② 「Dropboxから取り込む」



  資料③ 「iTunesにてファイル取込み」




自社で取扱っている商品のカタログPDF化し、filesProを通してiPadに入れます。

データをiPad に入れる方法はいくつかありますが、filesProはフォルダー管理ができるので、プレゼンや調べものの際に探しやすくて効率がいいです。




neu.Notes+:

 neu.Notes+ は、「手書きメモ」によるライフスタイルを満喫したい人たちのための本格的なツール

 基本的な使い方は neu.Notes と同じですが、無料版にはない「選択モード」にすることにより、描いたエレメントにさまざまな変更を加えることが可能

 複数のエレメントをグループ化したり、貼付けた写真のトリミングをしたり、エレメント間の上下関係を入れ替えたりなど、自由自在にエレメントを加工することが可能

  講習資料




打ち合わせ時、その場でレイアウトを書いたり、現場の写真を貼ったりすることもできます。お客様にも確認して頂けるので、ミスを防ぎスムーズに進められますね!

機能やアプリについて学び、それを仕事で活用することにより、お客様へのサービス向上に繋がると感じています。

こうした講習会を継続していきたいです!!


番外:

iphoneでもneu.Notes+を使えますが、やはりipadのほうが操作しやすいです。

仕事上でのご使用はipadがお勧めです。

  先輩がneu.Notesを使って書いた絵



絵心があるでしょ!!




蒲田工業ホームページ


KAMATAクリーンブース専門サイト

JFE様京浜地区 見学レポ

DATE2012.5. 8 CATEGORY営業教育について

 営業推進部の周です。


4月中旬、JFEスチール(株)東日本製鉄所様(京浜地区)へ見学しに行ってまいりました。(*^-゚)v

JFEスチール(株)様は川崎製鉄と日本鋼管が合併して発足した会社で、主な生産拠点を京浜地区千葉地区知多地区倉敷地区福山地区などに持っているのですが、今回見学させて頂いたのは京浜地区扇島エリアです。

川崎(6割)・横浜(4割)両市にまたがる東京湾に浮かぶ約550万平方メートルの人工島扇島が京浜地区の中心です。

京浜地区全体平面図


京浜営業所の田村所長の運転でJFE様に敷地内に入りました。

敷地内では走行速度を厳しく規制しています。2、3回?スピード違反しますと、立入禁止となっています。広い道路で走るとスピードが出しやすいですが、田村所長はすごく気をつけて運転していました。これから行く皆様も要注意して下さいね。(。・・)ノ

今回見学の内容です:
 パワーポイント、ビデオにて各施設・会社紹介
 扇島エリア内工場見学
 ルート:原料ヤード→第2高炉(管理棟見学)→コークス→製鋼→厚板(圧延工程見学)

作業着に着替え、バスで工場へ向かっています(見学中、ヘルメットと軍手をしなければなりません)



見学で特に印象に残りましたのは以下の3点です。

 管理棟で原料のサンプルがあります。実際に触ってみました。隕石のような鉄鉱石などは鋼とイメージが掴めなかったです。


 製鋼工場で高炉を見学させて頂きました。

高炉で鉄鉱石焼結鉱コークスとともに高炉の上に入れられます。炉の下からは1200℃の熱風を酸素と一緒に吹き込んで鉄鉱石を溶かします。炉の中では鉄鉱石の不純物が上に浮かび、重い鉄分が下にたまります。
コントロール室から遠く見ていましたが、強い火が高炉から上がっていてとてもインパクトがあり、まるで火山が噴火するように、炉内の温度を十分感じました。
写真が撮れなく本当に残念です。



 圧延工程を見るため、工場内に入りました。

厚板から薄い鋼板になる過程です。スラグは加熱炉で加熱された後、粗圧延機と仕上げ延機で一拳に薄く延ばされ、巻き取られて熱延コイルとなります、次は熱間圧延で生まれた薄板を常温のまま、圧延機でさらに薄く均一に延ばし、精度の高い薄鋼板を作ります。
2階から下の様子を見ていましたが、かなり遠いのに、鋼板の熱が顔まで伝わってきました。

圧延プロセスのイメージです



バスに戻り、京葉分室の山田さんだけはなぜか袖と手がすごく汚れていました。手に触った鼻まで黒かったです。皆に大笑いされちゃいました。



一つの都市のような敷地に入り、とってもインパクトがある現場を見学できていて、本当に貴重な体験でした。(。→∀←。)

番外:

京浜営業所で昼ご飯を食べて、ついでに営業所内も案内して頂きました。
営業所の屋上にゴルフができるように設置しています。昼休憩中、よく利用されているそう、仕事と運動両立できていて、幸せな職場ですね。

▼ 京浜営業所で仲良く交流している風景です




蒲田工業ホームページ


KAMATAクリーンブース専門サイト

Facebook講習会

DATE2011.6.20 CATEGORY営業教育について

営業推進部 和田です。
 
先日、社内のFacebook(フェイスブック)講習会が開かれました。(^-^)

強制的にというものではなく、あくまで個人的に興味のある方が対象。
意外にも各営業所で数名ずつ参加申し込みがあり
テレビ会議システムにて行ないました。



▼講師 (右) は 相模原営業所から。


すでに活用している人もいますが、全く初めての人も参加していたので
今回は「アカウントの作り方」からスタートし、大まかな使い方だけを説明。

通常のメーカー様の説明会や、社内の会議と違い和やかな雰囲気で、
マイクミュートを良いことに富士では度々笑いが起きていました^^;




今は全社的にどうのということはありませんが、
すでに「蒲田工業Facebookページ」にて情報を出していますからね、
社員のみなさまにも知っておいていただかないと (^o^)/


慣れない事は、最初は時間も労力もかかりますが
こうして新しいものに取り組んでみて、自分なりの理解、使い方を
見つけていければ良いですね。

アカウントをお持ちの方は是非、ポチっと【いいね!】 を^^
http://www.facebook.com/kamata.co.jp


蒲田工業ホームページ

東洋ゴム工業様ー若手社員研修会

DATE2010.11. 9 CATEGORY営業教育について

営業推進部の金です。

10月26日(火)~27日(水)、弊社の仕入先である東洋ゴム工業株式会社様の西明石工場にて行なう
若手研修勉強会に参加してまいりました。

❖新幹線で
 

入社以来いつもは先輩や営業マンとの同行が多かったんですが、今回初めて一人で移動したので、
ちょっと冒険する気分でした。
 
好天気に恵まれ、車窓から眺めた風景がとても気持ちよくて、シャッターを押してみました。
このまま旅に出ちゃおうかな・・・(^◇^)

❖研修資料
 

東洋ゴム様の若手社員研修は毎年行われるそうです。
今回も様々な企業から30人近くの若手社員が参加されました。

研修内容としては ①ゴムの基礎知識 
        ②ウレタンの基礎知識 
        ③営業活動の基礎知識
等、盛り沢山でした。

講義中には皆がイメージし易いようにゴムのサンプルを回して、手に持って、
匂いを嗅いでみたり、引っ張ってみたりながら、ゴムの特性や実用例等について
説明して頂きました。
 
ウレタンに関して、実演でその製造方法を見させていただきました。
本当に不思議なくらいに膨らんできて、すぐ硬くなりますね。
その過程は本当に面白かったです。
 
初日には、講義以外に、工場の製造ラインの見学もさせていただきました。
撮影禁止は残念でしたが、原料作成から成形・加工まで全工程を見学致しました。
 
ゴム製品は意外な所にも使用していますね。
新幹線や電車のバランスを取る防振ゴムや、建築の地震を和らげる防振用にも
ゴムが使用されていることが分かりました。


❖終了証
 
研修を終えた一人一人に終了証を配られました。

❖集合写真 

最後に参加者全員で集合写真!!

写真でもわかるように、30数人もいたのに、女子は私一人だけでした(T_T)
でも、皆さん丁寧に声をかけていただいたりしましたので、楽しい研修会でした。

このように良い機会を作っていただいた東洋ゴム工業の皆様、
本当にありがとうございました。 
研修会で学んだことを今後の仕事の中で活かしていきたいと思います。

プロジェクト会議 ―WEBプロジェクト編

DATE2009.3.17 CATEGORY営業教育について

営業推進部 和田です。
約2年前から活動しているWEBチームは、月1回定期的にミーティングを行なっています。
遠くは広島から!

WEBマーケティングのプロフェッショナルにご参加いただいて、
サイトの更新や、その他様々なコンテンツについて打合せます。

▼プロジェクターでアクセス解析を映し出し、
そのデータから読み取れる、蒲田工業ホームページの価値とか、
様々なトレンド、ニーズを分析。

皆真剣に臨んでいますが、ユニークなアイデアや発想で
時々笑いが起こり、気が抜けるというか ちょうど良い雰囲気です。(^0^)

「WEBチーム、営業推進部って毎日何してんの?」と思う人もいるのかもしれませんが、
この月1回のミーティングで、けっこうな量の課題を持って帰るので
ひと月があっと言うまです。。  (もちろんWEBの仕事だけではありませんが)
わたし達 裏方も、フォアザカンパニーで頑張っています。



www.kamata.co.jp

営業会議 ―福山編

DATE2009.3. 9 CATEGORY営業教育について

福山営業所 佐藤です。
福山営業所では今年から、所員の情報交換の場として毎週金曜日、営業会議とは別にミニミーティングを始めました。
テーマはいろいろ、その週にあった出来事、新製品の紹介、お客様のお困り事の解決で悩んでいる事、お客様フォローの仕方、HPの事例の勉強、新規開拓の戦略検討など…様々です。
内務の女性も参加しています。
 
 
この日のテーマは、食品業界のお客様に今ご紹介している商品の説明、用途、特徴の勉強。
大阪の展示会で見つけた新商品、面白そうな商品の紹介。
 
そして、最近メーカー同行でPRしている商品【スプレー式グリス】の勉強会でした。
実際にその商品を見ながら・触りながら簡単なデモンストレーションも行ないます。
 
女性からも活発に、どんな特徴があって、どんなところに使うのか、従来品との違いはなど質問が続出。(^o^)
新しい商品ではありませんが、まだまだ紹介しきれていない為、若い(?)営業マンが改めてPRを進めています!

約1時間のミニミーティング、次回は同じメーカー様の、その他の面白い商品の勉強会を予定。
こうした地道な取り組みから、お客様のお困り事の解決のヒントや、商品知識のレベルUPが図れればと思います。

www.kamata.co.jp

新人研修

DATE2009.2. 3 CATEGORY営業教育について

営業推進部 和田です。
先週 熱海で、1泊2日の中途者対象の新人研修がありました。
今回私は参加しませんでしたが簡単にレポを。
(本日、参加者数人に突然電話をかけて 感想や突っ込んだ質問をしましたが、
 即答できるところ、 さすが鍛えられているなと感じました )
 

幹部自ら講師となりプログラムを進めていきます。
 
社長からは 経営理念、行動指針、win-winの関係について、
お客様あっての会社であるのは当然ですが、仕入先様あっての会社でもあること・
良い関係を築くべきこと
などを教えられていたようです。

他、営業の心構えや基礎、安全管理について、経済指標の見方・・・など。
 
 

先輩社員として参加した、相模原営業所の佐久間課長からは、
人との出会いに感謝すること、プロセス思考などについて、経験に基づく話を。
対応の仕方・セールストーク、メモの取り方から復習の仕方(?)まで
営業活動における具体的なアドバイスもあったようです。
 
ある新人さんは、「オレって何してるんだろう」と、相当ショックだったようで
いただいたアドバイスを実践するんだと意気込んでました。(^-^)
 
 
 
参加者にこんな質問まで
「ぶっちゃけ、全然意味分かんないって思った内容は?? ここだけの話だからー」 
なんて聞いても
「いやー本当にひとつひとつ丁寧に教えてもらえるので、そういうことは無かった」と。
業界用語など、一つでも分からない言葉が出てきたら、
すぐに質問できる雰囲気が良かったみたいです。
 
『一年後の研修で「成長したな」と感じていただけるよう、一日も早く自立し、
 利益を生む営業になれるよう、日々の業務に邁進する所存です』


これからが楽しみです。
 
本日もお疲れ様でございますm(_ _)m
www.kamata.co.jp

前の10件  1  2  3 

このブログについて このブログについて

カテゴリ一覧 カテゴリ一覧

月別記事一覧 月別記事一覧

最新記事一覧 最新記事一覧