蒲田工業株式会社蒲田工業株式会社 kamata industry Co.,ltd

Kamata Industry Co.,ltd.

営業スタッフのブログ
蒲田工業株式会社 ブログイメージ
営業スタッフのブログ 「私たちにお任せ下さい!」
営業スタッフのブログ
ホーム > 営業教育について

2019年9月 中堅社員研修会

DATE2019.9.11 CATEGORY営業教育について

zenk.jpg営業推進室 蒲田善太郎です。

先日、富士営業所で中堅社員研修が行われました。
今回の研修は、静岡西営業所の中嶋さん関東営業所の平野さん富士営業所の長谷川さんがプログラムから司会まで行って頂きました。

社長、久保常務のあいさつで研修がスタートしました。



営業所ごとに、お付き合いのある協力会社様の発表がありました。
現在、各営業所間で協力会社様が異なる為、蒲田工業として行っている仕事も異なっています。
情報共有を行う為、各々の営業所でお付き合いのある協力会社様をご紹介して頂きました。




初日プログラムを終え、懇親会へ!
今回もいつも以上に仕事の話に花が咲き、とても充実した懇親会でした。




二日目藤原先生による講義からスタートです。



最近の最新の技術や経済トピックの解説に続き、リーダーとしてあるべき姿について、ワークを織り交ぜながら進んでいきました。
ファーストペンギンになるべく頑張ってほしい!という話が印象的でした。
ファーストペンギンとは、群れの中で最初にシャチなどの肉食獣がいる危険な水の中に飛び込むペンギンを指す言葉です。

続いて、若手社員への指導・教育についてのグループディスカッションを通して共有し、今回の二日間の研修は終了いたしました。



今回は、役員主導ではなく中堅社員の方の主導で研修を行いました。実務的な議題が多く、現状の仕事に大きくかかわる研修を行う事が出来ました。
この研修で情報共有したことが、1件でも多く実績につなげお客様の課題解決に貢献していきましょう。

2019年7月 若手社員研修会

DATE2019.7.22 CATEGORY営業教育について

zenk.jpg営業推進室 蒲田善太郎です。

先日、富士営業所で2日間若手社員研修を行いました。今回の若手社員研修には、入社6年目までの9名が参加しました。

【一日目】

初めに、伊藤副本部長中村副本部長が、参加者に向けて研修の目的の説明がありました。
続いて、参加者からこれまでの成功体験の発表がありました。





お互いへのアドバイスや質問が活発に飛び交い、それぞれの経験を共有する事で自分の目指すべき姿を具体的に意識する機会になりました。





続いて、藤原先生より講義をしていただきました。
お客様に対しての、どのような質問をすべきかというより実践的な内容のお話でした。
私としては下記の言葉がとても心に響きました。
下りのエスカレーターを登るイメージ。何もしなければ後退する
私自身にも、会社にも当てはまる言葉でとても響きました。



富士営業所の長谷川課長より、入社してから社長賞を受賞し、毎年、トップ営業として活躍している軌跡について話をして頂きました。
毎年、結果を出し実践している長谷川課長の話は、とても説得力があり躍動感を感じるお話でした。



富士営業所の佐野主任より、1年目から3年目の時にどのような事を意識していたのか。新人賞を受賞し、トップ営業として飛躍するまでを話をして頂きました。
実際に、結果を出している方からのアドバイスは若手社員も食い入るように聞き、積極的な質疑応答がありました。



充実した一日目が終わり、懇親会です。
様々な営業所から集まった研修会のため、お互いに話す機会が少ない若手社員同士でしたので、話が尽きない懇親会でした。




【二日目】

当日行うプログラムも多かった為、少し予定より早い時間からのスタートです。
まずは、伊藤副本部長がお客様役として、ロールプレイングを行いました。





続いて、中村副本部長より営業として知っておくべき数字の考え方というテーマで講義をして頂きました。営業20年以上のキャリアで経験談を交えて、お話頂きました。



次に、昨日の続きで、成功事例失敗事例についての発表をして頂きました。
失敗事例については、自分の反省にもなり、他の方々は、自分ならどのような行動をとるのかを考えながら聞いてもらいました。







研修を通して、年齢の近い社員と話す機会が多く、お互いがより良い刺激を与えあった充実した研修でした。
次回の研修までにさらに成長できるよう、営業所での日々の業務に真剣に取組みましょう!

2019年6月 部門長研修会

DATE2019.6. 4 CATEGORY営業教育について

zenk.jpg営業推進室 蒲田善太郎です。

先日、部門長研修が大阪の会議室にて行われました。

まずは、今年の1月に開設した大阪営業所を訪問致しました。



その後、いよいよ大阪の会議室に移動し部門長研修のスタートです。





来期から所長に内定している関東営業所の佐藤勝課長福山営業所の高場課長も参加しました。


今回の大きなテーマは、
【部門長としてやるべきこと、部門長としての考え方】
についての共有を中心に行いました。

初日は、部門長として意識している事について、質疑応答を中心に共有を行いました。
部門長として意識している事を共有することで、蒲田工業としての部門長の役割を統一することが出来ました。

次に藤原先生の講義です。
最近の経済トピック、最新技術の話についてのお話に続き、リーダーとして求められている事について事例を交えて教えて頂きました。



創発を起こすリーダー
1. 不確実性を受け入れる 不安定な状況を受け入れろ
2. 試行と変動を許容 行動を増幅させろ

信頼を生むリーダー
1. 一貫性
2. 言行一致
3. 頼りがい
4. 誠実さ

自分も、上記のリーダーとしてなるべくこの言葉を心に刻み行動してまいります。

講義後は、3人ずつのグループに分かれグループ討議です。





次の日の午前中に、各々のグループの考えをまとめて発表するという事でとても真剣な話し合いでした。
藤原先生の講義後、「経営デザインシート」というフォーマットを用いて、グループ討議を行いました。
翌日の発表を踏まえ、各グループ真剣な話し合いが行われました。

研修後には、たこ焼きや串カツを食べながらの懇親会風景です。
場所を移しての二次会も含め大いに盛り上がりました。




2日目のスタートです。
前日に話し合った経営デザインシートの発表が行われました。



次に、営業所内における人員配置やお客様の担当替えに関する考え方についての共有です。
長年所長を経験され、成果を出されている伊藤副本部長中村副本部長を中心に話し合いが行われました。

最後に先輩所長からエールやアドバイスを、新所長お二人にしてもらいました。
試行錯誤されての実体験からのアドバイスは、私自身にもとても勉強になりました。

2日間通して、所長としての横のつながりがさらに強化できた研修でした!!

参加されたみなさまお疲れ様でした。
今後の営業所発展に活かしていきましょう!!

2019年5月 中堅社員研修会

DATE2019.5.22 CATEGORY営業教育について

zenk.jpg営業推進室 蒲田善太郎です。

先日、熱海で中堅社員研修が行われました。
社長、常務あいさつに続き中村副本部長司会のもと研修スタートです。


今回の研修の主な目的は、大型案件の成功事例、失敗事例をお互いに共有することです。
役員からだけでなく参加者相互から様々な意見、アドバイスが飛び交いました。


今回から初めての取り組みで、
有望な若手社員には自分の目指すべき先輩を明確にしてもらう為、聴講者としての出席です。
積極的な質問も多く、真剣なまなざしで話を聞いていました。


初日プログラムを終え懇親会です。
社長から講評があり、今年10月から福山営業所の所長になる高場課長による乾杯でスタートしました。


10月から関東営業所の所長になる佐藤課長に、所長としての力強い所信表明を含めた、中締めをしてもらいました。


▼集合写真



2日目は、藤原先生の講義からスタートです。


世の中の経済情勢や安全対策事例をご紹介頂き、その後、リーダーとしての考え方や、使用すべき言葉のレクチャーもありました。
最後に【永久成長】年齢に関係なく成長してほしいというメッセージを頂戴いたしました。

初日に引き続き、大型案件の成功事例、失敗事例を発表です。


近年蒲田工業では特定建設業許可を取得したこともあり、難易度の高い大型の工事物件を受注することが増えてきました。
今後も安全第一で、無事故、無災害で納期通り完工してまいります。

営業所での取り組み

DATE2016.11.10 CATEGORY営業教育について

 営業推進部の飴本です。


当社では若手社員研修や中堅社員研修において、
実践的営業訓練としてロールプレイングを行っています。

(過去の研修の様子ですm(_ _)m)
2015.7.6wakatekensyukai11.jpg

2015.11.18cyukensyain21.jpg



お客様のお役に立つ提案をするためには、蒲田工業ならびに営業担当者自身が「何ができるのか」、「どんな強み持っているのか」を理解して頂かねばなりません。
またお客様が「何にお困りなのか」、「どんな要望をお持ちなのか」的確にお聴きすることも求められます。

営業スタッフは場当たり的な営業でなく、しっかりと準備をし、シミュレーションした上で効果的な営業活動を行う必要があります。

営業マニュアルの改訂作業もこうした営業力向上の一環として行われました。

2016.9.2eigyom1.jpg

営業力は一朝一夕に向上するものではありません。
研修で1回ロールプレイングをやっておしまいにするのではなく、普段から意識し、且つ繰り返しトレーニングをしてはじめて身につくものだと考えます。

ということで、各営業所で日々ロールプレイング実習を行っています。

京浜営業所
2016-11-11rollplaying2.jpg

福山営業所
2016-11-11rollplaying1.jpg

営業スタッフ役とお客様役を交代したりしながら、いろいろな状況、テーマを設定し行っています。

今後もこうした取り組みを継続し、
お客様にとって今以上に役に立つ存在となるよう社員一同進んでまいります。


2015.6.18corporatewedsite.png
2015.6.18surfacetreatmentwedsite.png

2016 若手社員フォローアップ研修

DATE2016.11. 3 CATEGORY営業教育について

2016.4.18aota.jpg 富士営業所の青田です。


2016年10月27日(木)~28日(金)
株式会社小宮コンサルタンツ様で行われました若手社員フォローアップ研修に参加しました。

2016.11.4wakatekensyu1.jpg


講師をして頂いた方々です。

小宮先生
2016.11.4wakatekensyu2.jpg

井出先生
2016.11.4wakatekensyu3.jpg

金入先生
2016.11.4wakatekensyu4.jpg

参加者は弊社3名を含めて11社20名でした。

一日目はまず、小宮先生の講義が行われ、物事を前向きに考えることの大切さについて教えて頂きました。
前向きな感情と後ろ向きな感情は両立しません。
そのため、後ろ向きな気持ちの時間を短くすることで前向きな気持ちの時間を長くすることができます。

また、小宮先生の「どんなことでも自分が言ったことは必ずやる」という御言葉が特に印象に残りました。
「信用」の「信」という漢字は人が言うと書きます。言ったことをやらないと信用を失ってしまいます。
お客様と話す際は特に自分の発言に責任を持たなければいけないと改めて感じました。
その後の演習では、入社してから現在までを振り返り、ビジネスマナーについての再確認も行いました。

一日目の最後は、カメラで録画しながら一分間自己紹介をして、自分の話し方などを確認しました。
自分の自己紹介を見るのは初めてなので、とても貴重な経験でした。
私が思っていた以上に話すスピードが速く、目線も必要以上に動いていました。

研修終わりに懇親会が開かれました。
どの料理もとても美味しかったです。
参加者の方とも親睦を深められました。

2016.11.4wakatekensyu5.jpg

2日目は終日、演習形式で研修が行われました。

井出先生からは、話を聴く際に気を付けるポイントについて教えて頂きました。
相手が言葉を選びながら話している時に「~なんですね」と言うのは良くないことだということでした。
自分が置き換えた言葉と相手が伝えたかったことは違うので、相手が話し終わるまで待つのが正しいということでした。

金入先生は、「一人で悩んでも良いことは何もない」とおっしゃっていました。
悩んでも解決しにくいし、相談することは悪いことではないということでした。


下の二枚の写真に写っているものは、実際に演習で使用されたものです。

2016.11.4wakatekensyu7.jpg

上の写真に写っている三枚の紙は、形は異なりますが、どれも同じ指示を聴いて作られた紙です。
私が作ったのは右端の紙で、他の二枚は参加者の方にお借りしました。
人によって言葉の捉え方が違うということを象徴している写真です。

2016.11.4wakatekensyu8.jpg

上の写真の紙にはギリシア文字などが書かれています。
二人一組でペアになり、一人だけが紙を見て、もう一人がその指示を聴いて文字を書きます。
相手が理解しやすいような表現方法を考えて伝える練習です。
思っていた以上に難しく、二分間で三文字伝えるのが精一杯でした。


今回の研修の参加者は入社年数がほとんど変わらなかったので、とても話しやすかったです。
悩み事を話してアドバイスを頂く機会もありました。私も他の人の悩みを聴き、同じ悩みを抱えている人がいたので安心しました。

現在の仕事に必死な私にとって、研修に参加して自分を見つめ直すことができたのは本当に良かったです。
このような場を設けて頂いたことに感謝し、今回の研修で得たことを仕事に活かしていけるように日々頑張ります。

2016.11.4wakatekensyu9.jpg


2015.6.18corporatewedsite.png
2015.6.18surfacetreatmentwedsite.png

2016 JFEスチール様工場見学(京浜地区)

DATE2016.4.18 CATEGORY営業教育について

2016.4.18aota.jpg 新入社員の青田です。


4月13日に JFEスチール株式会社東日本製鉄所様(京浜地区)の工場見学をさせて頂きました。
今回の参加者は10社59人でした。

JFEスチール株式会社様は、2003年に「日本鋼管株式会社(NKK)」と「川崎製鉄」の統合によって誕生しました。

私たちが見学した工場は、扇島という人工島にあります。
扇島は、広さが約550万平方メートル」で、川崎市と横浜市にまたがっています。



工場見学はバスで移動しながら行われました。
途中バスを降りて実際に稼働している工場の内側を拝見することができました。
今回は 「転炉」「圧延」という工程を間近に見学することが出来ました。
遠くからでも熱気を感じて、スケールの大きさを実感しました。

このような貴重な経験はなかなかできません。
本当にありがとうございました!
最後に今回私と一緒に参加した同期と撮った写真を掲載いたします。

 左から順に齋藤、下田、青田です。
2016.4.18jfesteel.jpg


2015.6.18corporatewedsite.png
2015.6.18cleanboothwedsite.png
2015.6.18surfacetreatmentwedsite.png

新人研修 クリーンルーム・ブースについて

DATE2015.6.19 CATEGORY営業教育について

hashiguchiikko2015.5.29.jpg 新人の橋口です。


先日、クリーン事業部百済課長に新人研修の一環として「クリーンルーム・ブースについて」講義頂きました。

講義の様子
2015.6.19KEkensyu2.jpg

2015.6.19KEkensyu4.jpg


クリーンルーム とは、空気中の清浄度が一定に保つように設計された部屋を指します。

room_01.jpg


クリーンブース とは、アルミフレームなどで設計・製作された簡易型のクリーンルームを指します。

aircon_b03.jpg

講義を受け、特に蒲田工業のクリーンブースには 他社にはない特徴がある と感じました。


 完全オーダーメイド設計 でお客様のあらゆる要望に応えた設計、
   施工が可能
なこと

 蒲田工業 オリジナル のアルミフレームを使用しており、
   ホコリだまり防止や、美観性の良いブースが設計されること


クリーンルーム・クリーンブースについて商品画像を見ながら説明して頂き、非常にイメージしやすく、多くの知識を身につけられました。

お忙しい中講義頂きありがとうございました。m(_ _)m


2015.6.18corporatewedsite.png
2015.6.18surfacetreatmentwedsite.png

エアコン送風口異物混入対策:「とおさないフィルター」 商品説明会

DATE2015.5.28 CATEGORY営業教育について

hashiguchiikko2015.5.29.jpg 新人の橋口です。


先日、 「とおさないフィルター」 商品説明会 が行われました。

テレビ会議システムを使い、各営業所を結んでの開催でした。

まず、商品の特徴について、詳しく営業推進部の中山課長から説明して頂きました。

tosanaifilter1.jpg

 テレビ会議風景
tosanaifilter2.jpg

 中山課長
tosanaifilter3.jpg

説明は非常に分かりやすく、多くの知識を身につけられたと実感しています。


2015.5.29tosanaifilter.png

「とおさないフィルター」が人気の高い商品であるポイントだと思いました。

説明会後に実際にお客様に貸し出しを行っている「とおさないフィルター」の生地サンプルを説明会後に見せて頂きました。

◆ 標準タイプ
hyouzyunntype3.png

◆ 目が細かいタイプ
komakaitype.png


この勉強会で学んだことをこれからの営業活動に生かしていきたいです。
説明会参加させていただきありがとうございました。


↓ ↓ 詳細を閲覧できます。
2015.5.29tosanaifilter-link.png


蒲田工業ホームページ
KAMATAクリーンブース専門サイト
表面処理ガイド

JFEスチール様 工場見学(京浜地区)

DATE2015.4.23 CATEGORY営業教育について

mitsuyuki.jpg 営業推進部の満行です。


先週、JFEスチール株式会社 東日本製鉄所様(京浜地区)を見学させて頂きました。


JFEスチール株式会社様のホームページです。

JFEスチール株式会社 様
 J Japan
 F Fe  (鉄)
 E Engineering


「鉄鋼とエンジニアリングをコアした事業」という意味を持っているとのことです。
様々な鉄鋼製品が製造されています。

今回私たちが見学させて頂いた工場は、約550万平方メートルの広さの(東京ドーム約120個分) 人口島の扇島です。


見学の内容:
 アメニティーホールでの講義 30分
 工場内見学         1時間30分

工場内では安全対策として軍手とヘルメットを着用し見学しました。
工場内は撮影が禁止されていましたので残念ながら写真はありません。(>д<。)
2015.4jfe3.png

原料が届き出荷するまで一直線に配備され、物流の効率化されたレイアウトによりおよそ2・3か月製品出荷可能だとのことです。

敷地内の移動はバスで行います。
地球温暖化対策が徹底されていて工場内にはいたるところに植物が植えられていました。
「緑豊かな製鉄所」を目指しているとのことです(^▽^)

2015.4jfe2.jpg

想像していたよりもはるかにスケールが大きく、とにかく圧倒されました!!((=゚Д゚=))ノ

とても貴重な経験をさせて頂きましてありがとうございました。(*^-^*)ゞ


右から順にFB橋口さん、KB阿部さん、私です。
2015.4jfe1.jpg


蒲田工業ホームページ
KAMATAクリーンブース専門サイト
表面処理ガイド

1  2  3  

このブログについて このブログについて

カテゴリ一覧 カテゴリ一覧

月別記事一覧 月別記事一覧

最新記事一覧 最新記事一覧